輸出ビジネス
副業情報

輸出ビジネス

輸出ビジネスとは?

海外個人輸出ビジネスでは、高品質な日本の商品を海外に売ることで利益を得ます。現在はインターネットを介したネット通販形式のやりとりが一般的です。海外個人輸出入向けのプラットフォームが充実してきており、参入障壁のハードルがぐっと下がりました。「爆買い」などのワードも話題となり、中国やアジア地域への輸出が注目されています。これらの地域では「家電」「フィギュア」「紙おむつ」「化粧品」などの日本製商品が売れ筋とされています。

始めるのは比較的簡単ですが、集客や顧客との直接のやりとりになるとハードルが高く挫折してしまう人も多いようです。特に、ネット通販では顧客満足度のような評価が売上に直結しますが、時差がある中での外国語でのカスタマーサポートを個人で十全に行うためには相当な覚悟がいるでしょう。

海外の出品サイト一覧

輸出ビジネスのメリット・デメリット

輸出ビジネスのメリット

  1. 自宅にいる間の空き時間で対応可能
  2. 自分の好きなものを売って商売できる

輸出ビジネスのデメリット

  1. 外国人に物を売るので、外国語での直接やりとりが発生
  2. 時差がある
  3. 海外への配送手続きが煩雑
  4. 素人が利益を出せるようになるためには数ヶ月以上かかる
この記事をシェア