指導/アドバイス

ヨガインストラクターで稼ぐには?

ヨガインストラクターで稼ぐには?
必要なもの

時間、お金、体力

やること

ヨガの指導

ヨガインストラクターとは

文字通りヨガの先生をするお仕事です。近年手軽にできる運動としてヨガブームとなり、男女問わず始めるかたが増加しているため、専門性の高い先生の需要も日々増しています。

ヨガインストラクターになるための資格

ヨガを教えるための国家資格というものは厳密には存在していません。

教えるにあたり、経験値を積み、また生徒信頼を得るための手段として、スクールに通い資格を取得するのが一般的です。(特定の先生に弟子入りするパターンもあります。)

前者のスクールについて、200時間の実技や座学、指導法などの学習を通じて、全米ヨガアライアンス認定インストラクター資格200時間(Registered Yoga Teacher =RYT200 )の取得ができます。

期間にして、人によって差はありますが、詰め込んだ場合最短1ヶ月、ゆっくりやって1年程度取得にかかる見込みです。

費用については、30-60万程度です。値段によって講師の質が変わったりするそうです。(安いスクールはオンラインなどで、自分でやらなければいけないことが多く身につくかは自分次第ということもあります。)

ヨガインストラクターとして指導環境および収益

資格が取り終わったらいよいよインストラクターとしての仕事を始めることができます。
教える場所としては、ヨガスタジオに所属したり、個人で生徒を集めて開催する2パターンが主です。

前者の団体所属については、レッスンプログラムを決めてくれたり、集客の部分を所属団体が行ってくれるので、初心者あるいは時間に限られた方にはおすすめです。

後者の個人開催については、その逆で、自分で全て手配しなくてはいけませんが、内容やレッスン料など自由度が高く副業として、本業と両立する上こちらの方がやりやすい点もあります。

最初のうちは、一レッスンで2000円の収益程度のようですが、人気の先生になると一レッスン、6,000-10,000円程度の収益が見込めます。