副業情報

個人タクシー

個人タクシーとは?

タクシードライバーとして車に乗客を乗せ対価を受け取る場合には、第二種運転免許を取得する必要があります。また、国土労働省により過労による事故を防ぐための様々な規制が敷かれているため、いわゆるアルバイト・副業のような感覚でタクシードライバーになれる訳ではありません。一方で、タクシー業界は他の業種よりも平均年齢が10歳高いといわれており、定年退職後の第二の仕事としてタクシードライバーを選択する人は多いようです。

またアメリカなどの海外では配車サービスプラットフォームのUberを介して個人ドライバーの登録をすることで、空き時間にお小遣い稼ぎをする人もいますが、日本ではまだ認められていません。

個人タクシーのメリット・デメリット

個人タクシーのメリット

  1. 自分の好きな時間に仕事ができる

個人タクシーのデメリット

  1. 体力的に副業の仕事として選択するのは厳しい
  2. 第二種運転免許の取得が必要
この記事をシェア