金融/投資

FXで稼ぐには?

FXで稼ぐには?
必要なもの

FX会社での口座開設+資金

やること

日本円や米ドルなどの通貨の売買

FXとは?

FX(エフエックス)は日本円と米ドル、日本円とユーロなど2国間の通貨を売買する投資です。円高や円安などといった為替相場の変動を利用して利益を生みます。パソコンやスマホで容易に取引が出来ることや、株式投資や不動産投資と比べて分かりやすい仕組みということもあり人気があります。

為替相場の変動でどのように利益を生むかというと、例えば1ドル=100円の時に買い、1ドル=110円の時に売ると1ドルあたり10円の利益となります。100ドル購入していれば1,000円の利益が生まれます。反対に、相場が予想と反する方へ変動した場合は損失になります。

FXのトレード手法

FXのトレード手法は大きく分けて4種類に分類されます。
そのうちの一つは「デイトレード」と呼ばれる短期間で上記のような為替相場の変動を利用して売買する手法です。1日に複数回売買することで少しずつ利益を重ねていきます。通常テクニカルチャートと呼ばれる相場を予測するツールを利用します。統計学に基づいてあみ出されたテクニカルチャートを参照しながら売り買いすることで、相場の予測の正解率を運頼みよりも高めることができます。この手法が一番メジャーな取引方法です。

さらに細かく1時間、1分のうちに何度も売買することを「スキャルピングトレード」と呼びます。トレードする度にスプレッドと呼ばれる取引手数料のようなものがかかるため、この手法は上級者向きと言えます。反対に、数日〜数ヶ月、数年ほどの中長期で売買する手法を「スイングトレード」と呼びます。為替レートの変動をチャートで長期的に見た場合、比較的に緩やかに推移するのを見て取れます。大統領選挙やリーマンショックなどといった世界情勢のニュースや、毎月発表されるGDPや雇用統計などの経済指標で相場変動を読み解きます。

また、FXは通貨を保有しているだけで毎日スワップと呼ばれる金利が入ってくるため、スイングトレードはスワップ狙いに適した手法です。デイトレードと比べ、豊富な資金と相場を読み解く力が必要です。

最後の一つは近年流行の兆しをみせる「システムトレード」「自動売買」と呼ばれる自動で売買を行う手法です。これは上記の「スキャルピングトレード」に近い取引をプログラムにより自動で行ってくれます。ただし、確実に利益を生み出す魔法のようなシステムではないということを念頭に、始める際は低資金から始めると良いでしょう。

FXのリスクと対策

FXは為替の相場変動により利益を生む可能性がある反面、損失を生む可能性があります。リスクと対策について説明します。

資金を守る「ロスカット」とは?

FXには「ロスカット」と呼ばれる機能が搭載してあります。これは資金がマイナスになることを防ぐためのものです。保持している通貨の値動きが大幅に損失方向に動いた時に決済すると、ロスカットがなければ資金がマイナスになることも考えられます。資金がマイナスになる前に自動決済してくれる救済処置がこのロスカットです。

ただし、マイナスにならないだけで資金を損失する可能性があることには変わりありません。まず、FXを始めるにはFX会社に申請してFX用の口座を作り、そこに入金するところから始まります。その口座に自身のすべての貯金を入金するのではなく、万が一失っても構わないくらいのあくまで投資用の資金を入金し運用することが大切です。

急激な変動に要注意

FX業界で月に1度のお祭りと呼ばれる日があります。それは毎月第1金曜日の夜です。なぜお祭りと呼ばれるかというと、その時間に「米雇用統計」の発表があり、結果次第で変動の振れ幅が大きくなるからです。「米雇用統計」とはアメリカの労働省から現地時間8:30に発表されるもので、複数の項目のうち「非農業就業者数」と「失業率」が最も注目されています。発表後に上下どちらかに大きく動く場合が非常に多いので、大きく稼ぐチャンスでもあり、大きな損失になる可能性もあります。

また、上下どちらかに動くだけでないという点も要注意です。上下に激しく変動した後に、大きくどちらかに動きます。この「上下に激しく変動」というのが曲者で、資金が少ない場合は変動している最中にロスカットを引き起こされ自動決済されてしまうこともあります。FX初心者の方は「米雇用統計」前に保持している通貨を決済しておくことをお勧めします。

土日のポジション持ち越しを避ける

もう一つ初心者が行なった方が良い事としては、金曜日のうちに全ての通貨の決済をしてしまうことです。為替市場は土日が休みのため相場が動きません。本来であれば為替市場の終了した時のレートと月曜の再開したレートが同じになるはずです。ところが、月曜の再開したレートが大きく開く場合が多く起こります。この現象を「窓」「窓開け」などと呼ぶのですが、原因は中東のバーレーン市場の休みが土日ではなく金曜日という点に起因します。土日は選挙や事件など為替の相場変動を引き起こす要因が多々ある反面、FXの売買ができないので、月曜日までポジションを持ち越さないことが損失リスクを防ぐためには有効です。ちなみに「窓狙い」というこの窓開けを狙って利益を生む手法もあるので、慣れてきた頃に試すのも良いかもしれません。

FXは少額の資金で始められ、大きな利益を生む可能性を秘めているのが魅力です。しかし他の投資と同様に必ず利益を生むものではありません。リスクを正しく理解した上で安全に運用することをお勧めします。

FXは1万円以内から始められる投資

FXは1,000通貨単位取引可能なFX会社に限り1ドル100円の場合に4千円から取引が可能です。低資金で始めるやり方や体験談を紹介しています。

失敗しないFXの始め方を解説<提供リンク:FXウォーカー>

FXのメリット・デメリット

メリット

  • 短時間で稼げる
  • 稼げる額が大きい
  • 初心者でも始めやすい

デメリット

  • チャートの見方などの勉強をする必要がある
  • 損をする場合もある

FXをもっと詳しく知るには?

FXとは?これさえ読めば分かるFXの仕組みと魅力<提供リンク:FXウォーカー>

関連する記事