クラウドソーシングで稼ぐには?

クラウドソーシングで稼ぐには?
必要なもの

案件によりスキルなど

やること

ネット上で企業や個人から仕事を受注

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、企業や依頼者側の立場に立った意味として使われることが多く、本来は「オンライン上で不特定多数の人に業務を発注する」という意味を持っています。クラウドソーシングのサービスを利用すれば、オンライン上にある案件の中から自分がやりたい仕事を探して仕事ができます。クラウドソーシングの一番の強みは豊富な案件量です。日々、たくさんの依頼が案件として募集されているため、選ばなければ仕事は無限にあると言っていいでしょう。ライター、HP作成、ドロップシッピング、エンジニア募集など、ネットを通じて行うことができる仕事の依頼が、常に多数募集されています。

副業としてなら稼ぎやすいクラウドソーシング

仕事の引き受けやすさでは非常に利点のあるクラウドソーシング。一般的に言われているクラウドソーシングの「稼げない」は、主の仕事として利用する場合で、副業として月5万円ほどであれば意外と簡単に稼げます。安い案件だけを引き受けず、多少高度であっても高額な案件を引き受けることでスキルも上がりますし、報酬も増えます。得意ジャンルとは別にやりやすい仕事を見つけることで安定した収入源にすることも可能です。

サイト名
手数料
最低支払報酬額
クラウドワークス
5%~20%
1,000円
ランサーズ
5%~20%
1,000円
ココナラ
30%
1,000円
シュフティ
10%
840円
コンテンツパーク
5~20%
3,000円
サグーワークス
報酬額3万円未満の場合: 108円
報酬額3万円以上の場合: 216円
1,000円

クラウドソーシングのメリット・デメリット

メリット

  • 仕事を選べる
  • 好きな時間に働ける

デメリット

  • 相場が安い