金融/FX

個人向け国債で稼ぐには?

個人向け国債で稼ぐには?
必要なもの

国債を取り扱っている金融機関の口座

やること

口座を作り国債を購入する

個人向け国債とは

個人向け国債とは、日本国が発行する債券(借金)を個人投資家に買いやすくしたものを指します。日本国債(利付国債)と同様に、国が発行している債券なので発行される債券の中で『一番リスクが低い投資先』と言われています。「固定金利3年満期型」「固定金利5年満期型」と「変動金利10年満期型」の3種類があり、証券会社や銀行を通して買うことができます。

個人向け国債を満期がくる前に中途解約をしても、元本割れをすることはありませんが、その分金利を低く抑えられています。

個人向け国債の特徴

1.リスクが低い

国に投資をするので、元本と利息の支払いを国が保証し、銀行預金よりも安全だと言われており一番リスクが低い投資先です。1万円から投資する事ができ、年に23月・9月に利子が貰えます。

2.期間の分散をして買っておくのもOK

「金利が低い時には期間が短いものや変動金利型のものを、金利が高い(ピークの)時には期間が長めの固定金利型のものを」というのが基本です。そうはいっても、金利の予想は簡単ではありません。そこで、変動10年と固定5年(または3年)を両方買う、あるいは個人向け国債だけでなく期間が異なる定期預金(13年くらいの短めのもの)も一緒に利用するなど、「期間の分散」をしておくと、金利動向に対応しやすくなります。

始め方

国債を買うには、基本的に国債を取り扱っている金融機関に口座を持っておく必要があります。お近くの地方銀行や都市銀行、ゆうちょ銀行(郵便局)、証券会社などで購入するのが一般的。

主なサービス一覧

楽天証券

みずほ証券

ゆうちょ銀行

個人向け国債のメリット・デメリット

メリット

  • ・低リスク
  • ・少額から投資することができる
  • ・変動金利よりインフレ対策になる

デメリット

  • ・発行してから1年間は解約することができない
  • ・途中解約をする場合「中途換金調整額」がかかる