エピソード

1回15分で1000円の収入に! 離島の素晴らしさを伝えるバスガイドの仕事

ホテル職員(女性 / 20代)

長年勤めた会社を退職し、短期留学後、就職先として沖縄の離島を選んだが、給与が低く、思うように貯金ができないと副業探しを始めました。そんな時、知人に紹介されたバスガイドの仕事に挑戦することになったそうです。

自分のペースで自宅で完結!ブログの副業に挑戦してみる

副業の種類と時期、期間を教えてください。



副業:バスガイド

いつ頃:2019年4月〜11月

働いていた期間:8ヶ月程度

島の魅力を伝えたい!その一心でバスガイドを副業に

バスガイドの副業を始めたきっかけ

昨年、9年間勤めていた会社を退職し、フィリピンとインドへ短期留学をしました。留学後の仕事を現地から探していましたが、海外にいるため面接を受けることが出来ず苦戦していたところ、知人から沖縄にある離島の小さなホテルで住み込みの仕事を紹介してもらい、そこで働くことになりました。ただ、沖縄は賃金が低く、本職だけでは貯金が出来ないと思い、副業を探すことにしました。副業を探していると話した知人からの紹介で、離島内にあるホテルがバスガイドを探していることを知り、働くことになりました。

どうやってこの副業を見つけた?

副業を探している中で、飲食店やハウスキーピングの仕事もありました。ですが、バスガイドはなかなか経験出来ない仕事ですし、その島のことが大好きで、旅行で訪れる人たちにももっとたくさん島の魅力を知って欲しい、好きになって欲しいという気持ちもあり、この仕事に決めました。
実は、もともと人前で話すことが得意ではなく、自分の中で克服したいことの一つでしたので「仕事なら苦手なことに向き合うしかない、逃げ場を作らないことで克服しよう」と思ったのも、理由の1つです。

マニュアルありのホテル送迎バスのガイドは、人見知りでも大丈夫!

バスガイドの仕事を始めるまでの流れ

1度、ホテルの方と顔合わせがありましたが、知人の紹介ということもあり、特に登録や面接はありませんでした。実際にバスガイドをされている方のデモンストレーションが1度があり、マニュアルとバスが通る経路の動画を渡されて、顔合わせの日は解散となりました。別日に簡単なチェックを受け、問題がなかったためシフトを決めて、翌日から勤務となりました。

バスガイドの実際の仕事内容

港に到着されたゲストを迎い入れ、ゲストの名前・人数を確認しバスへ案内します。全員の乗車を確認したら、バスを出発させます。バス内でご案内する内容としてはタオルやお風呂、鍵などのお部屋設備の案内やホテル内レストラン、カフェの営業時間の案内、チェックイン、チェックアウトの時間、ホテルアクティビティの紹介、島内観光名所の紹介、島内の気候や自然の紹介などでした。
渡されたマニュアルには、大まかな項目と話す内容が書かれていましたので、それを自分なりにアレンジをして話していました。ホテルに到着後は、チェックインカウンターまで案内して、バスガイドの仕事は終わりです。

バスガイドに費やしている労働時間

本職があるため、1日3〜4時間程度、週に3〜4日勤務していました。その日のホテルの稼働状況に合わせて、勤務時間が変わりました。

いくら稼げる?時給や日給は?

結果的に就業期間が短かく、本職の繁忙期は仕事が出来なかったこともあり、あまり稼ぐことは出来ませんでした。時給制でなく、時間としては10〜15分程度で1回1,000円でしたので、月に10,000円程度の収入にはなりました。金額としては大きくありませんが、人前で話すことへの抵抗もなくなりましたし、お客様の楽しそうな顔を見ることが好きなので、満足しています。

自分の成長にもつながったバスガイドの副業は、またぜひチャレンジしたい!

最初にイメージしていたことと違ったこと

ガイドをしていたホテルは大手でしたので、ガイドさんは旅行系の学校を卒業された専門の方がしているとばかり思っていました。での、自分のような副業でもバスガイドができることに驚きました。

バスガイドをやってみて良かったこと、悪かったこと

お客様は船で1時間程度かけて来られるため、船酔いで気分を悪くされている方や、機嫌を悪くされているお客様もいらっしゃいました。そういった場合での臨機応変な対応スキルは、このお仕事のおかげで身につけることができたと感じています。

バスガイドに向いている人とは

マニュアルを読むだけであれば、私のように人見知りでも問題なく出来る仕事です。大切なことは、バスに乗っている短い時間でどれだけお客様を楽しませることが出来るかです。そのためには、ホテルのことやその場所のことをよく知っていないといけません。私自身ホテルのことを勉強し、島のことを大切に思っていたため楽しく仕事が出来たのだと思います。

今後もバスガイドは続けたい副業?

次の仕事が決まっており、島を出たため辞めることになりましたが、もし島に戻るとしたらまたバスガイドに挑戦したいです。そしてもっともっと勉強をして、お客様を楽しませたいです。

この記事をシェア