エピソード

時給は販売する不用品次第!ブランド品なら月5万円を売り上げることも可能

会計士(男性 / 26歳)

テレビCMを見て「やってみようかな」と軽い気持ちで家に眠っている不用品販売をメルカリで始めた20代男性。もう使わないアイテムが売れてお金になり、その上誰かの役に立つという不用品販売は、エコ意識が重要とされるこの時代にフィットした副業だと語ります。

テレビCMでおなじみのメルカリに、気軽な気持ちで出品

メルカリで不用品販売を始めたきっかけ



メルカリのCMが毎日放送されているのを見て「自分もできるのでは」と考えてアプリを登録をしました。そこで、家にあるアウトドアグッズを販売してみるとすぐに売れたんです。者を販売してだすことが楽しかったので、本格的に不用品販売の副業を始めました。

アプリでいつでもどこでも手軽に出品OK!手軽にサクサク売れてびっくり

メルカリで不用品販売を始めるまでの流れ

自分が利用したメルカリは、PCまたはスマホにアプリをダウンロードするだけで始めることができます。不正がないよう個人情報の登録や本人確認といった簡単な事前登録は必要ですが、それさえクリアすればすぐにでも不要なモノを販売できます。

実際の仕事内容

不用品販売は、自宅にあるもので必要のないものや買い換えを検討しているものを販売します。そのために、まずは写真撮影をし、アプリ内で販売したい商品の説明と、保存した写真を既定どおりにアップすれば完了です。メルカリ以外にも、ヤフオクやフリマアプリで不用品販売を行う人もたくさんいます。

費やした労働時間

販売する量にもよりますが、私の場合は1週間に必要のないものをまとめて写真や説明書きを記入していたので、合計6時間ほどでした。検索上位にするために再出品することもありますが、就寝前や移動時間などで事足りるので自宅のものを販売する程度であれば時間を要する副業ではありません。

ブランドものは値崩れしにくい!出品アイテムが売上を左右する

不用品販売での実際の利益は?

アウトドアが好きで有名ブランドメーカーのものをちょうど買い換えていたので、1ヵ月で5万円以上はコンスタントに売上ていました。有名なブランドものは衣服やモノの価値が下がりづらいので、購入した時の7~8割で売れることもあり、大変満足のいく金額でした。

購入者とのトラブルやクレーム

個人間で売買するので、トラブルやクレームも多いのではないかと思っていたのですが、アプリ使用者のマナーがとてもよく、丁寧なやりとりをしてくれる方がほとんどでした。アプリ内の評価にも影響するせいか、多少の誤差も気にせず、寛容な方が多い印象です。

不用品販売をやってみて良かったこと、悪かったこと

自分でモノを販売して、お金になる喜びを知ることができたのは、大きなメリットだと感じています。会社員は働いてお給料をいただくというのが一般的な感覚とされていますが、不用品販売はすべて自分で営業、価格設定、包装、配送、売上管理を行うので、働いて給料をもらう時に「どのような経緯でこのくらいに額になっているのか」という感覚が身に付きました。卸売業や小売業の基礎ともいえる取引先に直接売る経験は、自分で事業を行う感覚に近いのでとても勉強になりました。

この副業をして驚いたこと

基本的には、メルカリサイドから禁止されている商品以外はなんでも販売できるので、個人の写真などありえない商品が売られていることがあります。たとえば元カレの写真を販売して、わざと状態が傷アリとふざけた投稿をしている人もいて、驚きました。

不用品販売に向いている人とは?

不用品販売は、専業主婦からサラリーマンの方まで幅広い層に向いている副業です。家事の合間に子どもがサイズアウトした洋服や、使わなくなったおもちゃを出品する主婦の方もたくさんいらっしゃいます。どうせ捨ててしまうのであれば、少しでもお金になったほうが助かりますし、誰かに使ってもらえるのもまた嬉しいもの。ゴミも有料の時代ですから、少しでも家計の足しになる不用品販売はあらゆる意味で有益な副業だと思います。

不用品販売は続けたい副業?

不用品販売は、これからも続けていきたい副業です。自分にとっては必要のない物や、価値がない商品でも、必要としている人にとっては安く商品を手に入れることができると大変喜ばれるからです。数百万人がユーザーとなるメルカリでは、消費者間での売買が当然のように日々行われています。必要のないものをフリーマーケットで売る行為をアプリでしているだけですから、興味のある方はぜひ試しに不用品販売の副業に挑戦してみてください!

この記事をシェア