エピソード

1日1万円以上!ティッシュ配りは 体力をつけるのに絶好の副業

福永さん(20代 / アルバイト)

出費が続き、短期でしっかり稼ごうとティッシュ配りの副業を始めた福永さん。元々、サンプリングの仕事を一度は体験してみたかったそうで、時間があっという間に過ぎるティッシュ配りの仕事は、とてもいい経験になったと言います。

登録すれば即就業!高時給のティッシュ配りでしっかり稼ぐ!



ティッシュ配りの仕事を始めたきっかけや理由についてお聞かせください。



週5日アルバイトをしていましたが、友人の結婚式が続いたり、PC購入などの出費が多く、ショッピングローンなどを組んだため、短期でしっかり稼ごう!とWワークをすることにしました。



数ある仕事から、ティッシュ配りを選んだ理由は何ですか?



バイトアプリで検索をしていると、ティッシュ配りや風船配りなどのサンプリングに興味を感じたので、応募しました。シフト自由で、時間に自由がきいたこと、勤務先も自宅に近いエリアが含まれていたため、勤務しやすかったのも、理由です。



ティッシュ配りのお仕事を始めるまでの流れを教えてください。



応募をすると、メールで登録会の予約案内が来ます。あげられた候補日の中から、参加できる日程を選んで登録会に行きました。登録会には、応募者らしき人が複数人来ていて、具体的な業務内容やどんな企業のティッシュを配布するか、あとは就業規則についての説明がありました。最後に登録用スタッフ写真などを撮影し、出勤できる日を決め、終了です。全部で1時間ほどでした。当日持参したものは、写真つきの履歴書と、ボールペンでした。

お店をPRする仕事は、やりがいも十分!



どんなことをするのか、お仕事内容を教えてください。



人通りの多い所定の場所で、企業ごとにあらかじめ決められたセールストークをひたすら大きな声でPRしながら配ります。サロン系のティッシュの場合はだいたいのお店の場所も覚えて、興味を持った人に道案内をすることもありました。数時間ごとに少しずつ場所を移動しながら、ティッシュを配ります。担当の企業によって、指定の制服やキャップを着用して配ることもありました。



1日にティッシュ配りに費やす時間はどれくらいでしたか?



現場によってまちまちですが、大体7時間勤務、休憩は1時間でした。フルで働いているアルバイトはシフト制だったため、アルバイトが丸1日お休みの日に仕事を入れていて、週1〜2日くらいティッシュ配りをしていました。



いくら稼げましたか?



休憩中も時給が発生していたので、1日で1万円以上は稼ぐことができました。天候状況や喉の調子を整えることなど、大変さもありましたが時給が高く、時間が過ぎるのがあっという間でしたので、満足のいく金額をいただけていたと感じています。



最初にイメージしていたことと違うことはありましたか?



力仕事ではないので、体力的には楽なイメージでしたが、開始1時間くらいで決められたセールストークを覚えて、大きな声を出しながらティッシュを配るというのは、想像以上に頭も体力も使いました。ネイルや頭髪の規則も想像していたよりも厳しく、あまりにも明るい染髪などは禁止されていました。

スキルアップを実感しながら、体力もアップ!ただ暑い日は辛い



ティッシュ配りのお仕事をやってみて良かったこと、悪かったことなどあれば教えてください。



良かったことは、最初は紙に書いてあるセールストークを見ながら仕事をしていたけれど、だんだん文章を覚えるスピードがアップし、声量もついてきたことです。悪かったことは、暑い日は日焼けしたりして、辛かったことです。



どんな人がティッシュ配りのお仕事に向いていると思いますか?



体力に自信がある人や、これから体力をつけたい人は、声をどんどん出せるようになるので向いていると思います。自分は暑いのが苦手なのと、バテやすいため、どちらかというと向いていなかったのではないかと感じています。



ティッシュ配りのお仕事をまたやりたいですか?



ティッシュ配りの仕事は、個人的にずっとやってみたかったのでいい経験になりました。ただ、自分には内勤の方が向いていると感じたので、金銭的に落ち着いたのを機に辞め、今後またやろうとは思いません。ティッシュを渡す際に会話する機会も多く、時間が過ぎるのは早い仕事ですので、人とコミュニケーションを図るのが好きな人におすすめしたい副業です。

この記事をシェア