責任をもってお客様の体を作り上げる!やりがいの大きなパーソナルトレーナーの仕事
エピソード

責任をもってお客様の体を作り上げる!やりがいの大きなパーソナルトレーナーの仕事

山口さん(20代 / 接骨院勤務)

柔道整復師として接骨院に勤務する傍ら、副業としてパーソナルトレーナーをされている山口さん。お客様と信頼関係を構築しながら、体を改善していく仕事に大きな責任とやりがい、喜びを感じると、忙しくも充実した日々を過ごしているといいます。

「柔道整復師が行なうパーソナルトレーニング」は大きなアピールポイントに



パーソナルトレーナーを始めたきっかけは?



多くの人の役に立ちたいと思ったことです。
本業は、接骨院で勤務しているのですが、患者さんに筋トレの方法を質問されることが意外と多いんですね。
このような需要が一定数あることを知り、解剖学や生理学を学んだ専門家としてパーソナルトレーナーとして活動すれば多くの方の役に立てるのではないかと考えて、副業としてスタートしました。



数ある仕事から、パーソナルトレーナーを選んだ理由を教えてください。



自分は元々野球をやっており、私自身もパーソナルトレーニングを受けた経験がありますから、この知識を活かして活動したいと考えたからです。
また、柔道整復師の国家資格所有者が行うパーソナルトレーナーは、その当時はまだほとんどありませんでした。その点が、自分のストロングポイントになるのではないかと考えて、パーソナルトレーナーとして活動してみようと思ったんです。

お客様の「ありがとう」が1番のパワーに



どのような流れで、仕事をスタートさせたのでしょうか。



最初は、自分が勤務する患者さんを対象にパーソナルトレーニングを受け持つようになりました。
そこから、徐々に紹介やクチコミで広がっていった感じですね。
活動は、民間の多くのジムは、外部の人間が営利を目的とした指導などの活動を許可していないので、市営のジムで行なっています。



どんなことをするのか、仕事内容を教えてください。



パーソナルトレーニングの前に「どこを鍛えたいのか?」「私から見てどこを鍛えた方がいいか」について、ヒアリングとアドバイスを行ないます。
それを踏まえて、トレーニングを行うスタイルでした。目的としては、競技力向上を目指す筋トレが多かったですね。



パーソナルトレーナーの仕事に費やす時間はどれくらいでしたか?



1日1名、1時間程度で行なっていました。
土日や祝日などに活動日を当てていましたので、1ヶ月に4、5回稼働できればという感じでしたね。



収入は労働と見合った、満足のいく金額でしたか?



今までの月給は、最高で10万円程でした。
金額は多いに越したことはないですが、私のパーソナルトレーニング指導を受けて、満足していただき、感謝の言葉をもらうことが、なによりのやりがいと喜びになっています。

お客様との信頼関係づくりも重要な仕事



パーソナルトレーナーをやってみて良かったこと、悪かったことをそれぞれ教えてください。



良かった点は、自分のトレーニングを受けて、お客様が感謝してくださること。
体が改善されていくのを、間近に見守ることができることが良かったことですね。
悪い点を強いてあげるとすれば、やはり土日祝日メインの仕事なので、自分の休日が失くなってしまうことでしょうか。
でも、パーソナルトレーナーの仕事が好きなので、それほど問題には感じていません。



この仕事をしていて、驚いたことはありますか?



本気で体を鍛える意思のある人は、半年もすればベンチプレスが100kg上げられるようになるんです。このような傾向があることに気づいた時には、驚きましたね。



どのような人がパーソナルトレーナーに向いていると思いますか?



選手に信用していただいて初めて成り立つ職業ですから、知識はもちろんですが、コミュニケーション能力も高い人です。
実際、学力は非常に高いのにお客様とコミュニケーションが上手く取れないという理由で辞めた人もいます。
スポーツ選手に携わることを職業としていきたい人にも、おすすめしたい仕事です。

この記事をシェア