1日で引っ越しを完了させる!達成感が非常に高い引っ越しの副業はやりがい充分
エピソード

1日で引っ越しを完了させる!達成感が非常に高い引っ越しの副業はやりがい充分

野田さん(40代 / 会社員)

副業禁止の企業に勤めながらも、取引先である引越屋さんの手伝いのみ期間限定で公然と副業ができたという野田さん。体力勝負の仕事内容ではありましたが、達成感やチームで動く面白さを体験することができたといいます。

公然と副業できるのが嬉しくて始めた引越の仕事



引越の副業を始めた理由を教えてください。



実は、私が勤めている会社は基本的に副業禁止なんです。
ですが、こちらの某大手引越会社は取引先という理由から、期間限定で副業をしても良いということになっていました。公然と副業ができるのは、収入が増えますしありがたいですから、ごく自然と「じゃあやってみようか」となったんです。



どのような流れで、お仕事はスタートしたのでしょうか?



こちらの引越会社は、日本全国に支店又は営業所がありますから、ホームページで最寄りの営業所を調べてアポイントを取ります。
訪問日時を決めたら、履歴書と判子を持参し、簡単な面接と15~20分程度の教育ビデオを視聴しました。それが終われば、次のシフトの予定を予約します。
初回の場合は、専用のシューズを1000円で購入する必要がありました。
これで、手続きは完了です。



具体的な仕事内容を教えてください。



1日あたり、1軒から2軒の引越業務を行います。
日によって仕事量はまちまちで、場合によっては引越前の現場の荷物を回収して、引っ越し先へ荷物を設置するまで行うケースもあります。
作業の人数は1チームあたりリーダーを含めて3~4名でした。
基本的に、作業は全てリーダーと呼ばれる社員の方の指示で動きますから、逆にリーダーの指示以外では動いてはいけないので注意が必要でしたね。
リーダーの指示のもと、冷蔵庫やタンスなどを2名1組で移動させるのが仕事となります。

引越の仕事はなかなかハード!でも達成感は満載



1日にその仕事に費やす時間はどれくらいでしたか?



1日の仕事時間としては、約10時間程度でした。
朝8時半迄に出社して、作業終了時刻はだいたい19時~20時程度です。
現場にもよりますが、作業時間は搬出・搬入それぞれで2~3時間、移動時間はおおよそ1時間程度でした。
現場の荷物の量によっては、拘束時間が短くて済むケースもあります。
繁忙期は3月と9月で、この期間の特に週末は仕事がたくさんあります。私はだいたい週に1度、月あたり4回程度働いた計算です。



どのくらいの収入になりましたか?それは満足のいく金額でしたか?



1ヶ月あたり4万円から5万円程度の収入になりました。
1日に稼げる日当としては1万円は超えるので、比較的満足しています。



引越の仕事をやってみて良かったこと、悪かったことはありますか?



やってみて良かったことは、その日で完結する業務であることです。ちょっとした達成感を味わうことができました。
悪かった事は、想像以上に体力を消耗することです。仕事を始める前に、基礎体力をしっかりとつけておく必要があると思いました。体力に自信のある若い方には、このお仕事はおススメです。

若い人、すぐに稼ぎたい人、短期で働きたい人にはおススメの副業



どんな人が引越の仕事に向いていると思いますか?



体力に自信のある人なら、どなたでも向いていると思います。やはり全て人力での移動作業となりますので、体力こそ1番です。その点では、自分は向いていないと感じました。



また機会があれば、引越の仕事をしたいですか?



僕は体力がなかった事と、年齢的にかなり厳しかったため、残念ながら継続せずに辞めてしまいましたし、今後もやることはないと思います。
ただ、学生の方や20代位の若い方で、短期的に稼ぎたいと思う方にはおススメできるお仕事です。
達成感を味わいながら、お金を稼ぐことができる引越の仕事を通して、チームワークや楽しさをぜひ感じてみてください。

この記事をシェア