高校生もできる!自転車好きならUberEatsはおすすめの仕事
エピソード

高校生もできる!自転車好きならUberEatsはおすすめの仕事

原田さん(10代 / 高校生)

清水さんは、部活動やアルバイトと忙しい高校生活を送りながらも、もう少し収入をアップさせたいとUber Eatsの副業をスタートさせたそうです。Uber Eatsの仕事の魅力について、お話を聞いてみました!

高校生でも簡単に始められる副業



UberEatsの副業を始めた理由を教えてください。



ある程度自由に働けて、稼げるアルバイトを探していたからです。
18歳なった時に自動車の免許を取得したいと思い、アルバイトを探していたのですが、高校でやっている演劇部の活動も忙しく、時間が限られている中にアルバイトのシフトを入れてしまうと演劇とアルバイト両方とも疎かになってしまうのではないかと悩んでいました。そんな時にUber Eatsの仕事を知り、始めてみました。
この仕事は18歳から登録が可能なので、タイミングもあったかなと思っています。



UberEatsの仕事は何で見つけましたか?



TwitterやYouTubeです。
「Uber Eats頼んでみた」みたいな投稿をする人が結構いて、そこからUber Eatsの存在を知り、ネットで調べていくと誰でも配達員になれるということを知り、応募してみようと思いました。
高校生にできる仕事で、シフトがなく、自由に働くことができる、その上ある程度稼げるという条件に当てはまる仕事はなかなかありません。専門性を必要とする仕事以外では、Uber Eatsしか見つけられませんでした。
元々サイクリングが好きだったので、迷わずに応募しましたね。

身分証明書には注意が必要?



具体的にどのように仕事をするのですか?



Uber Eatsのアプリをオンラインにすると、仕事の依頼が届きます。
依頼に沿ってレストランに行き、商品を受け取って依頼者に商品を渡す仕事です。
自転車は、6年前に買ったロードバイクを使っています。
とても簡単なので、誰にでもできる仕事だと思います。



週に何時間くらい稼働していましたか?



土曜と日曜に計6、7時間ほど、毎週働いてました。



収入はどのくらいでしたか?



だいたい1週間に1万円程度稼げます。
11時から14時、17時から20時は注文がよく入るので、忙しいですね。
僕の場合、時給換算すると大体1500〜1600円だったので、高校生が自由に稼げる金額としては十分だと考えています。

サイクリング感覚で手軽にできてしまう



UberEatsをやってみて良かったこと、悪かったことを教えてください。



良かったことは東京の道に詳しくなったことです。あとは、今まで知らなかったレストランを知れて、後日食べに行ったりと世界が広がりました。
悪かったことは炎天下の中に配達をして軽い熱中症にかかってしまい、足を怪我したことですね。



どんな人におすすめしたい仕事ですか?



自転車が好きな人、配達する地域の道をある程度知ってる人に向いてると思います。
道を知ってるのと知らないのとでは、効率がまったく異なりますから、そこは重要なポイントです。
自分には合っていたので、とりあえず高校卒業まではこの仕事をやりたいと思います。
Uber Eatsは手軽に始めることができますから、一回お試しでやってみて、合わなかったら辞めるくらいの気持ちで始めてみるのもいいのではないでしょうか。

この記事をシェア