本業が忙しい人も気軽にできる単発の副業イベントスタッフインタビュー
エピソード

本業が忙しい人も気軽にできる単発の副業イベントスタッフインタビュー

山内さん

夫婦共働きで、特にお金に困ってはいないYさん。本業の合間にちょっとしたお小遣い稼ぎのために二つの副業に取り組んでいるようですが...

夫婦共働きで、特にお金に困ってはいないYさん。そんなYさんが本業の合間にできる副業として選んだ物産展スタッフや、イベントスタッフでの経験談のお話を聞いてみました。

イベントスタッフに必要なスキルとは?


イベントスタッフを始めたきっかけは何ですか?


夫婦で働いているため毎月貯蓄はできていましたが、自分で自由にできるお金がほとんどなかったため、本業の休みを利用してお小遣い稼ぎとして始めました。


どうやってその仕事を探しましたか?


一つは物産展の仕事で、こちらは新聞の求人募集から応募しました。もう一つ、イベントスタッフのお仕事は短期アルバイトをインターネットで調べ、求人情報サイトの中から探しました。


数ある仕事から、その仕事を選んだ理由は何ですか?


日給の高さが第一ではありましたが、単発でまとまった休みがなくても働けるところも選んだ理由でした。


なるほど、本業がある人には必要な条件となりますね。

イベントスタッフを始めるには?


それでは、仕事を始めるまでの流れを教えてください。


物産展の仕事は派遣会社に登録し、面接がありました。面接といっても集団面接で過去の職歴を聞かれた程度でした。その後2回ほど社内での全体研修を受けました。販売補助という形だったので、当日の担当店舗により内容は少し異なりました。

イベントスタッフの仕事も別の派遣会社に登録し、会社で簡単な面接がありました。履歴書を持参していたので、内容確認程度です。仕事内容についてはメールでのやりとり中心で、会社に行ったのも一度きりでした。面接日に一ページ程度の簡単なマニュアルが渡されましたが、仕事内容というよりは業務連絡について書いてある程度のものでした。


イベントスタッフは面接もシビアではなく、割と簡単に始めることができそうですね。

イベント

イベントスタッフの仕事内容、時給は?


どんなことをするのか、仕事内容を教えてください。


物産展の販売補助は、その日は「さきいか」の販売スタッフだったので、イカを焼く、割く、袋詰めという作業と試食、販売等のお客様対応を行いました。
イベントスタッフは、地域のイベントで着ぐるみの中に入る役と、来客人数のカウント業務を半日ずつ行いました。


一日に働く時間はどれくらいでしたか?


どちらも昼食込みで9時間の仕事でした。立ちっぱなしが多い仕事でもあるので、長時間だとキツいのもあり、ちょうどいい時間だったと思います。

また、仕事自体は単発での契約でしたので、一年で数回(1日のものもあれば、3日のものもあり)程度単発で行うのみでした。好きな時に好きなだけ働けたのが、無理せずできて良かったです。


実際のところどれくらい稼げましたか?


両方とも一日9,000円。実働8時間なので時給にすると1,000円以上はありますね。地方の仕事にしたら時給は悪くないと思います。また、楽しんでやれる仕事だったので充分満足しています。

ナス

イベントスタッフに向いてる人は?お勧めできる仕事?


最初にイメージしていたことと違うことはありましたか?


両方ともイメージと違う部分は特になく、仕事としてはやりやすかったです。
着ぐるみは暑かったのですが、時間的には15分着て45分休みだったので、休み時間はクーラーのある場所でのんびりしているだけでした。カウント業務も、場所的に人が少なかったので、簡単な仕事だったと思います。


苦労されたこと、逆に良かったことなどあれば教えてください。


物産展での仕事の場合、正社員の方が少々クセのある方だったので、慣れるまでは大変でした。販売もただ立っているだけではなく必要に応じて値引きをしたり、いかに試食をしてもらえるか工夫して声をかけたり、交渉術が必要でした。色々と勉強にはなったのは良かったですね。

商品を安く買えたのも得した気分です!イベントの仕事は着ぐるみが思った以上に暑く、前が見えないので大変でした。ただ、着ぐるみを着る経験などはなかなか無いので、意外と面白かったです(笑)


またその仕事をやりたいと思いましたか?


どちらも単発でできる仕事なので、またお金が欲しいな〜という時に、気軽にできるのでぜひやりたいと思います!もともと接客業の経験があったので、慣れていたのも良かったと思います。

またイベントスタッフも業務的には負担が少ないので学生や主婦の方でも行いやすいと思いました。どちらもワイワイした空間での仕事なので、楽しく仕事ができると思います。
よほどの人見知りでないこと、自分から話しかけることに抵抗がない人にはおすすめです!


ありがとうございました。物産展のスタッフや、イベントスタッフは本業がありながら、単発で休みの日などに副業をしたい人にはおすすめの仕事ですね。気になる方はぜひ仕事を探してみてください!

この記事をシェア