副業まとめ

動画編集の副業が人気!?始めたい人のための情報まとめ

動画編集の需要が急激に高まっていることをご存知ですか?

電車の中吊り広告も紙から動画へ、SNS広告や料理レシピなども動画が使われるようになりました。また、YouTubeは誰でも動画チャンネルを作れることから、個人や企業、お店やブランドなど多くの人や団体が動画を制作しています。

動画編集は無料ソフトもあり、パソコンさえあればどこでもできることから、在宅の副業にもぴったりです。需要が供給を上回っている今だからこそ、動画編集スキルを身に在宅の副業をするのもよいでしょう。また、スキルをつけることにより世界が広がり、新しい副業や本業へのステップアップになること間違いなしです!
そこで、オススメの動画編集ソフトと、仕事を探せるサービスをまとめたので、参考にしてください。

おすすめの動画編集ソフト4選

無料のもの、有料のものなど様々な動画編集ソフトがあります。そこで4つのメジャーな動画編集ソフトをご紹介します。

AviUtl

AviUtlは、無料で使える動画編集ソフトです。最も人気が高い動画編集ソフトと言っても過言ではありません。人気の高いソフトの場合、使い方解説サイトや拡張プラグインもたくさん存在していますので、初心者でも使いやすいでしょう。

また、ソフト自体も軽い為、スペックの低いパソコンでも十分動かすことができます。ただ、対応OSがwindowsのみとなっており、macやLinuxで利用したいのであれば、ソフトウェアの知識が必要になってきます。

Lightwork

Lightworkは無料でありながら、プロが使うような機能が搭載されている高性能な動画編集ソフトです。マットやマスクなどの効果もたくさん用意されており、ひときわ目立った動画を作り上げることができるでしょう。

ただ、有料版にしないと書き出しサイズに制限がある為、1080p(高画質)で書き出ししたい場合はお金を払う必要があ流ので仕事をする場合は無料のままでは利用することは難しいです。

OpenShot

OpenShotは完全無料で使える動画編集ソフトです。凝った動画を作ることは難しいですが、テロップや場面切り替えといった基本操作はできますので、簡単な動画を作る分には困ることはありません。

インターフェイスも他の本格派ソフトと似ていることもあり、まずはOpenShotを使って無料で技術を身に着けながら、最終的には有料ソフトに切り替える人も多いようです。

Adobe Premiere Pro

本格的な動画編集をしたいのであれば、AdobeのPremiere Pro(プレミア・プロ)です。動画編集の会社で使われている、もっともポピュラーな動画編集ソフトです。

機能が多彩な上に、After Effectのような派手な演出を作るソフトとの連携もできるため、技術があれば他の動画編集ソフトでは作れない動画を仕上げることができます。プロフェッショナルなソフトだけに金額は高くなります。サブスクリプション型の利用もできるので、本格的に始めたい人はぜひプレミアをオススメします。

動画編集の仕事を見つけられるサービス

ランサーズ

ランサーズは、クライアントと個人をマッチングさせてくれるクラウドソーシングサービスです。動画編集の仕事を個人で請け負いたいのであれば、クラウドソーシングサービスを利用することをおすすめします。

ランサーズでは、主にYoutubeチャンネルを運営しているクライアントによる、動画編集の案件が募集されていることが多い為、カットやテロップ挿入、効果音の付与技術があれば請けられる仕事が多数あります。

クラウドワークス

クラウドワークスも、クラウドソーシングサービスの1つです。こちらもYoutube用の仕事依頼が多数寄せられています。

クラウドソーシング系は実績や評価がないうちは、なかなか案件を獲得することができませんので、クライアント側に自分の実力を示せるような作品を作っておくと、より案件を獲得しやすくなります。

SNS

定期的にSNSで自分の作品をアップロードしていると、SNS経由で案件の依頼が来ることがあります。また、自分からYoutuberに営業を掛けることで、継続的な案件を貰えるケースもあるようです。

直接案件を貰える場合、クラウドソーシングのように手数料を徴収されることがありませんので、ある程度実力がある人であれば、SNSで仕事を探した方が稼ぎやすいでしょう。

この記事をシェア