副業まとめ

現役ライターが選ぶ!ライターの副業サービスまとめ

ライターという仕事は副業で取り組むには最適で、多くの人に注目されています。
実際に多くの人がライターの仕事に取り組み、月数万円の副業収入を得ることができています。そこでライターの仕事ができる副業サービスを5つ紹介していきます。

クラウドワークス

クラウドワークスは最も有名なクラウドソーシングサービスです。 様々なクライアントがサイト上で募集を出しているので、そこに応募することで案件を請けていくことができます。 クラウドワークスではライター案件もたくさんあるので、ライティングをしたことがない人でも無理なく取り組んでいくことが可能です。

最初は文字単価0.5円くらいの案件から応募して、実績が付いていけば徐々に文字単価が高い案件に挑戦していくといいでしょう。 リピート案件を請けていくことができるようになれば、案件に応募しなくても継続的に安定した収益を得ていくこともできます。

Crowdworksの公式サイトはこちら

ランサーズ

ランサーズはクラウドワークスと双璧をなすクラウドソーシングサービスです。
こちらもクラウドワークスと同じくライター案件が充実しているので、両方に登録しておくことでより多くの案件に応募することができます。

ただ、実績をクライアントにアピールするためにも、最初のうちはクラウドワークスかランサーズのどちらかに主軸を置いて案件に取り組んでいくといいでしょう。

ランサーズの公式サイトはこちら

サグーワークス

サグーワークスとは、株式会社ウィルゲートが運営するサービスで、ライティングに特化して案件を請けていくことができます。

こちらのサイトを利用する大きなメリットは「クライアントとやり取りをする必要がない」ということです。サグーワークスで一括して案件を管理してくれているので、とにかくライティングだけに集中することができます。

また、通常の案件の文字単価はそこまで高くないですが、プラチナライターテストに合格することで文字単価1円の案件を請けられるようになります。こちらのテストは何度も受けることができるので、サグーワークスを主軸においてライター活動をしていく場合は気合を入れて取り組んでみるといいでしょう。

サグーワークスの公式サイトはこちら

ライターステーション

ライターステーションの特徴は、登録したライターのスキルに応じて様々な仕事を依頼してくれることです。
紹介してくれる案件のすべてがライターステーションの自社案件になるので、中抜きが無くより稼ぎやすいというのもポイントです。

ただ、ライターステーションに登録して仕事をするためには課題作文を通過する必要があります。こちらは再チャレンジも可能なので、構えずに挑戦してみましょう。

ライターステーションの公式サイトはこちら

インターネットでの求人募集

インターネットで個々の企業がライター募集をしているので、ここから申し込んでいくのも一つの手です。
この場合、最初に面接などをする場合がありますが、その分、ライターとして安定して仕事を請けていくことができるというメリットがあります。

月ごとに決められた依頼数を確保できると収益が安定するので、そういった意味でもインターネットでの求人募集に応募してみるのはメリットが大きいです。

まとめ

ここまで、ライターの仕事ができる副業サービスについて解説してきました。今、ライターの仕事は多くの人がチャレンジしていて、案件自体も増えてきています。取り組むなら今がチャンスなので、興味がある人は積極的に挑戦してみましょう。

この記事をシェア