副業まとめ

アフターコロナで狙い目の副業5選

コロナウィルスにより様々な副業がしづらくなってきています。たとえば、副業として人気の「せどり」では店舗で仕入れをすることが難しくなっているし、覆面調査などの実際に店舗に行く必要がある仕事は募集自体が無くなりはじめています。
副業のパイがどんどん少なくなってきている中で今後はどのように収入を得ていったらいいのか、この記事ではコロナ以後に狙い目となる副業について解説していきます。

コロナウィルスが副業に与えた影響

現在、副業に取り組み始める人が激増していると言われています。それはなぜかというと、コロナウィルスによって収入が激減してしまったからです。
ただ、副業の募集案件数は逆に少なくなっています。その理由は簡単で「人を採用する余裕がない企業が増えてきたから」に他なりません。そのため、今後確実に副業で稼いでいきたいと思った場合、需要が見込める分野での副業に取り組んでいく必要があります。
そのことによって、コロナ以後でも安定した副業収入を得ることができるようになります。

コロナ以後に狙い目の副業5選

コロナ以後に狙い目の副業を5つ紹介していきます。

アンケートモニター

アンケートモニターのメリットは「無料で手軽に始めることができる」という点です。操作もスマホで簡単にできるので、スキマ時間を使って稼いでいくことが可能です。また、一つ一つの案件の単価がそこまで高くないため、募集人数も多く食いっぱぐれることがないのもメリットです。

【体験談】 誰でもできる!アンケートや商品モニターって美味しい副業?

電脳せどり

せどりとは「商品を安く仕入れて相場価格で販売し、その差益を得る」というシンプルなビジネスになります。
ただ、先程も述べたように店舗に行っての仕入れはなかなか難しいのが現状です。そこで狙い目なのがネットショップやフリマアプリで商品を仕入れる「電脳せどり」です。パソコン1台で仕入れを完結できるので効率よく稼いでいくことが可能になります。

【体験談】 副業で月40万円!せどりが稼げる副業というのは本当だった!?

ライター

ライターの仕事はコロナ以後であっても問題なく稼げる副業の一つです。
ただ、多くの人がクラウドワークスなどに参入してきてライター案件に応募しているというのは事実なので、その人達と差別化するための専門知識は持っておいた方がいいでしょう。
といっても何らかの資格を取るといったことではなく、たとえば「旅行によく行くから他の人よりも詳細な旅行記事が書ける」ということでも十分差別化できます。

ウーバーイーツ配達員

多くの人がなかなか家から出られない状況の中、需要が著しく上がっているのが「ウーバーイーツ」です。
仕事内容としては、料理を依頼主の自宅まで配達することですが、基本的に服装や髪型は自由で1件配達するごとに報酬がもらえるので非常に取り組みやすいです。
煩わしい人間関係もなく、1人でモクモクと作業ができるので「副業でストレスを抱えたくない」という人にもおすすめです。

【体験談】 高校生もできる!自転車好きならUberEatsはおすすめの仕事

リモート事務

人件費削減のため、事務作業を業務委託する企業が増えてきています。とりわけ増えているのがリモートワークを活用した事務です。
このような仕事はインターネット検索でも見つけることができますし、クラウドワークスなどでも募集しているので、副業でありながら安定収入を得ることが可能になります。

【体験談】 海外在住で秘書の副業!デスクワークが得意な人に向いた在宅副業

まとめ

コロナ以後に狙い目の副業を5つ紹介してきました。これらの「コロナに影響を受けづらい副業」に取り組んでいくことによって、本業の収入が減ってしまった場合であっても十分に補填することができるでしょう。
これを期に副業をやってみようと思っている人は是非参考にしていただきたいと思います。

この記事をシェア