覆面調査員ってなんで人気なの?野郎だけで原宿のパンケーキ専門店に行ってみてわかったこと
体験記事

覆面調査員ってなんで人気なの?野郎だけで原宿のパンケーキ専門店に行ってみてわかったこと

ハローどうもDAIZINです。みなさんは「覆面調査員」という言葉を聞いたことがありますか?

国家の隠された組織・・・とかではなく、飲食店やサロンなど、接客がメインのお店に対して業務改善やリサーチのための調査をこっそりする仕事のことです。

別名、ミステリーショッパーとも言うそうです。うーん、カッケェ。

 

そんな覆面調査員ですが、割引程度のものからがっつり稼げる案件まで幅広く、近年では主婦を中心に人気なんだとか。

 

というわけで、今回はそんな覆面調査員を実際にやってみましょう!!

 

まずはサイトで案件探しから

ファンくるMYSTERY SHOPPING RESEARCHガイアリサーチなどの覆面調査専用のWEBサイトか、バイトの求人サイトで案件を探します。

まずはどんな案件があるのかチェック。

飲食店の覆面調査だと居酒屋が特に多く、実際にかかった飲食代の20〜50%のバックが多いです。稼げはしないけど、行きたいお店に行って半分くらいが戻ってくるんだったら、節約にもなりますよね。

これは人気なわけだ。

僕はお酒が飲めないから全く心に響かず…。と、その時。

 

ん!?これは・・・!?

そこには、こう書かれていました。

原宿のパンケーキ調査!お店に行って味のレポートを提出

ダンディな居酒屋系の案件が多い中、ひとつだけ確実に浮いている“パンケーキ”の文字。

有名なパンケーキ専門店の調査で、条件は好きなパンケーキメニューをひとつ完食し、感想をレポートで提出するというもの。お酒は飲めないですが、スイーツには目がないので、気がつくとこの案件に応募していました

 

ー原宿。

若者が賑わう、最先端トレンドの街。日時は平日水曜の夕方5時。学校帰りの学生らしき人も多いこの時間帯。

そこに、男は、いた。

 

今は覆面調査員、バレてはいけないのだ。
※本人の中では精一杯の変装です。

この写真を撮っている時、なぜか異様に注目されましたが、今はそんなの気にせず、目指すはパンケーキです。

 

お店に到着!調査スタート

パンケーキ屋に着くと、席に通されてメニューを渡されました。

学生や家族連れ、カップルで賑わう店内で、同行するのはカメラマン(男)。野郎だけの席は変な目立ち方をしている気がします。

 

普段はめったに来ない女子女子したパンケーキ屋さんの雰囲気に、いつにも増して挙動が怪しくなります。

今回、覆面調査員として調査するポイントは、
・接客してくれたスタッフさんの名前と評価
・食事の盛り付け、味の評価(好きなパンケーキ1つ)
・店内の雰囲気の評価
・トイレ内の清潔具合の評価
・来店証明の受け取り
と、意外とやることが多いです。

まずは、接客してくれたスタッフさんの名前を確認。

 

目つきが完全に不審者のそれ。

覆面調査員としてバレるバレないの前に、社会に適合する方が先かもしれません。

今回接客してくださったスタッフのYさんは、とても元気のある挨拶と丁寧な接客で好印象でした!

 

商品を注文したら、料理が出てくるまでにトイレの調査を済まします。

 

テンパりすぎて足と手が連動する意味不明な歩き方になってしまいました。

トイレの調査は主に「紙がしっかり補充されているか」「水回りが汚れていないか」「異臭がしないか」などを調べます。今回調査に行ったお店のトイレはもの凄く清潔に保たれていて、自分の部屋より綺麗でした。

 

調査が終わり、席に戻ると、注文したパンケーキが運ばれていました。

注文した料理は手を付ける前に全体がわかる写真を撮ることも、今回の調査内容に含まれていました。よく撮影を忘れてしまい、手を付けてから取り直す事例を聞きますが、そうすると報酬がもらえなくなってしまうので、気をつけましょう。

原宿の本気盛りに圧倒されつつも、パンケーキの撮影をします。

 

注文したのはこのお店で1番人気の定番パンケーキ。

山盛りクリームを見て「竜の巣みたいだ〜!」なんてカメラマンに言うも、「そうっすね」とだけ返されました。

 

 

それでは、実食!

 

 

 

うまい〜〜〜〜〜!!!うますぎるんじゃ〜〜〜〜〜!!!

さすがはパンケーキの本場、原宿。世界水準の味がします。思わず、自分が覆面調査員の仕事をしていることすら忘れそうになります。うめぇ。

スイーツは好きでよく食べますが、レベルの高さが伺えます。味の評価は満点。うめぇ。

取材ということも忘れて、黙々と食べ続けます。

 

しかし、3分の2を食べ終わったあたりで異変が。

 

 

ぐ る じ い 。

学生時代、二郎ラーメンで胃袋を鍛えた過去もあり、大食いには自信があったのですが、クリームやパン生地の尋常じゃない甘さで食べる手が止まってしまいました。

箸休めをしている中、これを平気で平らげる女子高生すげぇな。なんて考えてましたが、恐らく2人でシェアするのが普通らしく、よく見るとテーブルに取り皿が置いてありました。

そんな文化知らない・・・。

 

しかし、こんなところで残すなんて覆面調査員の恥。それ以上にマイポリシーに反するので、一気に食べ尽くします。

 

荒ぶりながらも完食。一生分のパンケーキ食べた気がする。

あれ、ここに何しにきたんだっけ・・・。※覆面調査員です。

 

レポートを提出するまでが覆面調査員

食べ終わり、調査ポイントも全て確認できたところで退店。ですが、調査に行ったお店のレポートを提出するまでが、覆面調査員です。

提出したレポートに不備が無いかチェックされた後、後日ポイントとして報酬を受け取れます。(ポイントはアマゾンギフト券と交換できたり、商品がもらえたりします)

今回の案件の報酬は、総額の50%バック。パンケーキ1皿で1,500円なので、750ポイントを受け取ることができます。金額としては少ないですが、逆に750円でパンケーキが食べられるのは、好きな人にとってはとても魅力的なんじゃないかと。

お得にごはんが食べられたり、好きなもので稼げるかもしれない覆面調査員。なにより手軽にできるので、皆さんもぜひ初めてみてはいかがでしょうか?

それでは、また次回!

 

 

後日談

 

この取材以降、パンケーキにハマってしまいました。

二郎系ラーメンと同じ現象(一生分食ったもう行きたくない→次の日には行きたい、のループ)ですね・・・。

 

 

DAIZIN

副業ネットのライター。主に体を張った体験記事を書いてます。普段はデザイナーで、日本一残念なDJとしても活動中。YouTuberはじめました。Twitterはこちら(@daizin1992)

この記事をシェア