ストレスがお金に変わる?新サービス「不満買取センター」に会社の愚痴を書き込みまくってみた!
体験記事

ストレスがお金に変わる?新サービス「不満買取センター」に会社の愚痴を書き込みまくってみた!

ハローどうもDAIZINです。突然ですが、みなさんはストレスとか溜め込んでいないですか?

現代はストレス社会。いろんなストレスにまみれながら、私たちは生活していると思います。

 

僕も先日、友人の家の炊飯器で炊いたお米が、1ヶ月放置されている現場に遭遇したり

 

会社内で自分がYouTubeにアップした動画を晒されたり

数え始めたらキリがありません。

 

そんな中、様々なストレスが日々生まれる現代に、こんなサービスが登場しました。

 

あなたの不満を買い取ります。『不満買取センター』
http://fumankaitori.com

なんとこのサイト、不満を投稿するたびにポイントがもらえ、それがたまるとAmazonギフト券と交換できるという、画期的なサイトなんです!

 

不満買取センターの主な特徴は

  • 不満の種類は投稿ルールに従っていればなんでも良い
  • 買取価格は1〜10ポイント、高価買取キャンペーンでは最大50ポイントもらえる
  • 1ポイント1円相当で、500ポイントからAmazonギフト券に交換できる

 

決して単価は高くありませんが、自分の抱えている不満を吐き出すだけで1円でももらえるなら、御の字じゃないでしょうか。

早速やってみましょう!
 

まずはアカウントを作成

愚痴を投稿するために、まず自分のアカウントを作成する必要があります。

メールアドレス、パスワードを設定して登録完了です。カンタン。ってかアプリもあるのかこれ。

登録できたら、あとは不満を投稿するだけです。

 

不満の種類はどんな不満でもOK

まず、投稿する不満のカテゴリを選びます。

カテゴリを選択したら、それに適した設問内容と不満内容を記載します。

まずは職場への不満を投稿したいので、『仕事・仕事環境』のカテゴリを選択。

 

記念すべき1発目の不満はこれ。

お仕事で関わったクライアントさんがお礼に…と持ってきたお土産のお菓子を、後輩が勝手に全部食べてしまいました。
銀座や表参道に売られていそうな、綺麗なチョコレートの洋菓子で、とても楽しみにしていたためショックでした。

さすがに、お菓子を食べられたことで怒るわけにはいかず、やるせなさと悔しさで涙を流した一昨年の夏の出来事です。

果たして、どのくらいのポイントになるのか・・・・・・

 
 
 

あれ?ポイントつかない???

不満を投稿したのに、ポイントがつきません。なぜ?Why?

 

ポイントは査定後に付与される

利用規約を見てみると、どうやらポイント査定に3営業日ほどかかるようです。なるほど。それにしても、不満に査定があるって結構シュールですね(笑)

とりあえずせっかく登録したわけですし、思いつく不満をどんどん投稿していきます。

 

職場のスプーンの数が少なく、社員でカレーパーティーなどをやると、必ず誰かがフォークで食べることになります。フォークでカレーを食べるのは想像以上に大変なので、スプーンを増やして欲しいです。

弊社、スプーン嫌いなのかな?ちなみに、フォークの扱いに長けている僕が、大体フォーク担当になります。

 

会社にある炊飯器の、早炊き機能がそこまで早くなくて困っています。

お米を炊くのは毎日の日課だからこそ、時短には気をつかいたいものです!

 

オフィス下に設置されている自動販売機が、飲み物を購入する度にお釣りが出るシステムではないため、間違えてボタンを連打すると何本も出てきてしまいます。1本でいい飲み物でも複数買ってしまう原因になるため、その都度お釣りが出るようにしてほしいです。。

先日もこの自販機で、間違えてカフェオレを4本買ってしまいました。恐ろしい・・・。

 

名刺の肩書きに“Beatboxer(ビートボクサー)”と一風変わった表記が記載されいるのですが、なかなか気付いてもらえなくて悲しいです。

意外と、肩書きや役職の部分って見られないですよね。

 

こんな感じで、せっかくだしプライベートにおける不満もついでに吐いてしまいましょう!

接触不良なのか、スマホの充電が上手くできず、寝ている間に電池が切れてしまい、アラームが鳴らなくて寝坊してしまったことがあります。夜に充電することが多いので、困っています。

これ、同じ現象にあう人、結構多いのではないでしょうか?困りますよね。

 

自宅にガラステーブルを購入し、PCの作業デスクとして使おうと思ったのですが、マウスが赤外線に反応して動くタイプだったので、ガラステーブルの上だと透過して動きません。一応、マウスパッドを使用すれば動くのですが、普段あまり使わないため困っています。

ガラスの上ではマウスが使えないということを、これで始めて知りました。

 

こんな感じで、どんどん投稿を続けていくと、11個目から新たに投稿ができなくなりました。

どうやら1日に投稿できる不満は10個までのようです。

まあ不満なんて書こうと思えばいくらでもかけるし、妥当な措置ですかね。

 

心なしか不満を殴り書きしたことで少しスッキリしました。

あとは、ポイントが反映されるのを待つだけです。

 

 

さて、あれから3日が経ちましたが、果たして投稿した不満たちは、どのくらいのポイントになっているのか・・・?

 

 
47ポイント追加されていました!!!

金額にすると47円分。そこまで多いわけではないですが、不満を10個書いてスッキリした上にポイントももらえるなんて、これは本当にいいサービスなのでは・・・!?
ちなみに、不満によって内訳は違いましたが、1番高額で売れた不満は『会社にある、〇〇製品の炊飯器の早炊き機能が、そこまで早くなくて困っている。』でした。(7ポイント獲得)

ポイントは、500ポイントからAmazonギフト券に交換できるので、不満が溜まったらその都度書き込んでいけば、それなりにお小遣いになるんじゃないでしょうか。

この調子で会社の愚痴をどんどん書いていくぜ!

 

上司「あれ、DAIZINなにみてるの・・・?」

 

!?

 

 

・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

※みなさんは社内で会社の不満を書くのはやめましょう。
 
 

DAIZIN

副業ネットのライター。主に体を張った体験記事を書いてます。普段はデザイナーで、日本一残念なDJとしても活動中。YouTuberはじめました。Twitterはこちら(@daizin1992)

この記事をシェア