副業マメ知識

2019/05/14

今、流行のnoteとは?効率的に有料記事で稼ぐ方法

今、流行のnoteとは?効率的に有料記事で稼ぐ方法

note」というプラットフォームをご存知ですか?
簡単にブログのような記事が書ける仕組みで、そのシンプルさがうけて徐々にユーザーが増えてきています。


・ブログを始めてみたいけど、難しそう……
・もっと簡単に文章を書きたい

そんな方に、ぜひおすすめしたいのがnoteです。
noteには「無料記事」と「有料記事」があり、自分の書いた記事に好きな値段をつけて販売できるのが特徴です。
いわば、noteで記事を書くことによって、簡単に電子書籍をつくって販売することが可能ということ。難しい審査や手続きなども要りません。これは一般的なブログとは大きな違いです。

本記事では、noteの詳しい特徴とともに、効率的に有料記事で稼ぐ方法をご紹介します。

ブログと何が違う?noteだけの特徴とは

noteの特徴は、主に以下の4つです。

・無料記事と有料記事がある
・マガジン機能がある
・クリエイター全般に特化した仕組み
・読まれるためにはSNSと組み合わせる!

無料記事と有料記事がある

noteの会員登録は無料です。
月額500円を支払えば使用できるオプション機能もありますが、まずは試しに無料会員で記事を書いてみるのがいいでしょう。
記事を執筆し、公開する際に無料or有料にするかを自分で選択できます。

無料記事は全文無料で、制限なく誰でも読むことができる記事です。これはnote会員でなくても読むことができます。
有料記事は全文有料or一部無料公開を設定することができ、値段も自由に変更可能。世に流通している電子書籍と同じように、作品に値段をつけて販売することができるのです。

有料記事の値段相場は、内容にもよりますが、文字数1000~3000字程度で300~500円程度、10000字近くになると1980円前後になる場合もあります。
一般的な書籍の代金を例にするといいでしょう。

マガジン機能がある

記事単体で有料販売することもできますが、それとは別に「マガジン機能」というものもあり、複数の無料記事・有料記事をまとめてパック販売のように展開することも可能です。

無料記事を集めた無料マガジンは、会員であれば自由に作成することができます。テーマが同じ記事、まとめて読んでほしい記事などをマガジンにしておくと、読者にとっても読みやすくなります。

有料マガジンは審査が必要になってしまいますが、書きたいテーマがあるなら試す価値あり。ファンが絶えない人気マガジンになるかもしれません。月額制で購読するものなので、毎月の収入も見込めます。

たとえば、月額500円のマガジンを設定し、10人の購読者が集まれば、それだけで月々5000円の収入となります。

クリエイター全般に特化した仕組み

noteには、漫画家・デザイナー・イラストレーター・ライターなどなど、クリエイター職全般が作品をアピールしやすい&仕事に繋げやすい仕組みが整っています。

記事を毎日連続で投稿すると応援メッセージが表示されたり、最も読んでほしい記事をトップページに固定できたり、ポートフォリオ(クリエイターの作品集)を作成できる機能があったり。

有料記事を作成して販売しやすい土壌が整っており、記事を読んで共感した人はさらに書き手に対して課金できる「サポート機能」なんてものも。

自分の作品に値段をつける練習ができるのは、クリエイターとして嬉しいことですよね。

読まれるためには、SNSと組み合わせる!

noteで記事を書いたら、他のSNS(TwitterやFacebookなど)からの動線を用意すると、さらに記事を読んでもらいやすくなります。
note+SNSの組み合わせで、効率的に有料記事を販売し、副収入を獲得しましょう!

noteを始めるなら今!有料記事で副収入を得よう

noteにしかない特徴について、要点を紹介しました。
副業として収入を得るために今から始めやすいのは、ブログよりも圧倒的にnoteです。

noteには、TwitterやInstagramなど他SNSと同じように「フォロー」機能があります。お気に入りの書き手をフォローしておけば、新着記事がすぐにチェックできる便利なシステムです。このフォロー数が多くなればなるほど、よりたくさんの人に読んでもらえる機会が増えます。

定期的にnoteを書き、SNSで連携させて、フォロワーを増やしていきましょう。そうすれば、有料記事が読まれる可能性も上がって収入が得やすくなります!

2018年4月から副業でライティングを開始。11月からフリーライターとして活動中。
書評やイベントレポ等を中心にブログを運営中(『いちにーいち』https://kitayu.net