副業マメ知識

2019/05/07

話題沸騰中の「ライバー」ってなに? これからはライブ動画配信で稼ぐ時代

インターネットの進化・普及とともに、様々な副業が生まれている昨今。
ライター・デザイナー・プログラマー・エンジニアなど、横文字の職業がどんどん枝葉を広げている中で、また新たな副業が話題になっています。

それが、「ライバー」。

 

ライバー(Liver)とは、インターネットを使って動画の生配信をしている人全般を指す言葉です。
YouTubeならYouTuber、ニコニコ動画なら生主、TikTokならTikTokerなど、使用するプラットフォームによって名称が変わる場合もあります。

そういった動画の生配信で生計を立てたり、副業としてお小遣いを稼いだりしている人が存在するのです。
果たして、その収入モデルはどのようになっているのか? 利益はどれくらいを見込めるのか?

本記事では、ライブ動画配信アプリ「17 Live」(通称:イチナナ)を例にとり、気になる疑問について解説します。

ライブ動画配信アプリ「17 Live」とは?

YouTubeやニコニコ動画、TikTokなどの動画配信サービスと並び、昨今めきめきとユーザー数を伸ばしつつあるのが、「17 Live」(以下:イチナナ)というライブ動画配信アプリです。

そのユーザー数はなんと4000万人を突破しており、「イチナナライバー」と呼ばれるライブ動画配信者は、そのうちの7000名以上にものぼります。

スマートフォン1つあれば、誰でもすぐにライブ動画を配信できるのが特徴。

イチナナという名前の由来は、台湾で「義」や「仲間」を意味する「17」(イーティ)からきているそうで、「全世界にいる仲間とすぐに繋がれるライブ動画配信アプリ」として、瞬く間に広がっていきました。

 

ライブ動画配信で稼ぐ仕組みとは?

イチナナを含め、こういったライブ動画配信サービスを使って副業として収入を得るケースが、若い世代を中心に増えてきています。

ライブ動画配信で稼ぐ人々。

では、ライブ動画を配信することで、どのように稼ぐことができるのでしょうか?イチナナを例に、その仕組みを解説していきます。

 

・ライブ動画配信で得られる収入はどこから来てるの?

イチナナでは、アプリをダウンロードすることで誰でもすぐにライブ動画配信をはじめることができます。もちろん、ただ「ライブ動画配信をするだけ」では、何度配信をしたとしても収入につながることはありません。

 

イチナナライバーがライブ動画配信をすることによって、そのライブ動画をリアルタイムで視聴しているユーザーから、「ギフト」が送られてくることがあります。

これは、YouTubeやニコニコ動画、Showroomなど、他多数のライブ動画配信アプリにおいても用意されている仕組みです。

ユーザーが課金をすることによって、お気に入りのライバーに向けて「ギフト」を渡すことができるのです。(※使用するプラットフォームによって名称は変わります)

この「ギフト」に課金した分が、いったんイチナナの運営会社に入り、その後、それぞれのライバーに割り当てられるという仕組みです。イチナナではこの利益が1万円を超えた段階で、予めライバーが指定した口座あてに振り込まれる流れとなっています。

 

・人気にならないと稼げない?

配信するライブ動画を視聴してくれるユーザーが増えれば増えるほど、送られてくる「ギフト」の数や額が増えるので、人気イチナナライバーになればその分稼げる金額も多くなってきます。

ですが、ご想像の通り、多くのイチナナライバーが視聴ユーザーを獲得するのに試行錯誤している現状も。毎日コツコツと配信すること、面白い動画を多く配信してファンの心を掴むことが、必須条件になってくるでしょう。

 

・月に100万円稼ぐ猛者も!

「副業としては大変そうだし、稼げる額もそこまで見込めなさそう……」と悲観することなかれ。

イチナナライバーの中には、なんと月に100万円ほど稼ぐ猛者もいるのだとか。こうなってくると、最早副業レベルを越えてしまっていますね。

そんな人たちも、最初は視聴ユーザー0の状態からライブ動画配信を始めています。興味がある方は、まずはイチナナのアプリをダウンロードするところから始めてみましょう!

 

ライブ動画配信で稼ぐ!次世代の副業を試してみよう

ライブ動画配信アプリ「イチナナ」を例に、動画配信で稼ぐ方法や仕組みについて解説しました。ライブ動画配信で稼ぐ副業については、まだまだ難しくハードルの高いイメージがあるかもしれませんが、まずは「どんな動画をみんな配信しているんだろう?」と見てみることから初めてみるのもいいかもしれません。

そして、興味がわいたらぜひ、ライブ動画を配信してみましょう!
それがあなたの新しい世界への入口となるかもしれませんよ。