インタビュー

2019/03/29

Otsukaiユーザー対談企画!『海外へのオンライン販売の副業で稼ぐには!』

日本のアニメグッズを世界に発信!日本のアニメグッズを海外のユーザーにオンラインで販売できるOtsukaiというサービスをご紹介させていただきました。

日本のアニメ文化を届けながらお金が得られる副業!新サービス「Otsukai」

今回は実際にOtsukaiを副業として利用されているお二人にインタビューしてみました。これからOtsukaiで副業をやりたいと思っている方必見です!

 


プロフィール

Kさん

30代前半のサラリーマンの男性。平日は仕事が忙しく、休日は子どもと遊ぶことがほとんど。夜にコツコツ副業や投資の勉強をしている。

Tさん

20代後半のフルタイムのアルバイト勤務の女性。クロアチア出身で昔から日本が大好き。今年で日本在住3年目になる。


Otsukaiを始めたきっかけ

まずはじめにお二人がOtsukaiを始めた理由について聞かせてください。

Kさん:収入を増やしたいということが大前提にありました。本業ではあまり関わる機会がない海外との仕事に興味があったことや、他にやっているライバルが少ないからという理由で日本の商品を海外に輸出するビジネスに注目するようになりました。僕が個人的に漫画やアニメが好きなので海外のアニメファンが主なマーケットであるOtsukaiを選びました。

Tさん:私の場合はOtsukaiを始める前から地元の友達に頼まれて、日本のアニメグッズをよく送っていました。日本でしか手に入らない商品も多いみたいでとても喜んでくれますね。私の友達以外にも日本のアニメグッズが欲しいけど、手に入れられない外国人が多いのではと思い、そういった方々を喜ばせたいという気持ちがOtsukaiを始めたきっかけです。

アニメの知識はどのくらい必要?

KさんがOtsukaiを始めた理由として『アニメや漫画が好きなだから』とおっしゃられていましたが、アニメの知識はこのOtsukaiをする上でどのくらい役に立っていますか?

Kさん:アニメ好きのメリットとしてはリクエストのあった商品の画像を見ればすぐに何の作品か検討がつき、スムーズにその商品を探すことができることだと思います。とはいえ最近は提案数を増やしたいので、知らない作品の商品も積極的に調べて提案するようにしています。よりアニメ作品やキャラクターを知っている方は、グーグル検索しなくていい分手間が省けて楽かもしれません。

Tさん:私の場合、実は有名な作品を除いてアニメについてはほとんどわからないです。Otukaiを始めたばかりの頃は、見たことのない作品の商品がたくさんリクエストに上がっていて戸惑いましたが、作品名をネットで検索したら簡単にその商品を見つけることができました。だからアニメの知識が少なくてもあまりハンデにはならないと思っています。

海外の人に輸出するには英語がないと難しい?

海外ユーザーさんがリクエストする商品の説明には英語が使われていることもしばしばあります。Otsukai をする上で英語のスキルはどれくらい重要だと思いますか?

Tさん:私は小学校の頃から英語を勉強しているのでとても得意です!それなので商品の説明文を読む上で基本的に困ることはないです。ただし説明文などの文字情報よりも画像に重要な情報が詰め込まれているように感じています。あまり英語のスキルは重要ではないと思います。

Kさん:僕は英語が全然ダメですね。でもOtsukaiのサービス内で使われている言語は基本日本語で、何か困った時は日本人スタッフによるサポートも受けられるのでとても助かってます。ただし他のユーザーさんの取引状況を見ていると商品を提案するときに商品画像の中に英語の説明を合成されている方もいらっしゃったので、うまく使えば大きな武器になりそうな気がします。

Tさん:あとは海外に郵送することについても特に英語の心配はいらないです。住所や宛名を記入するために最低限アルファベットの読み書きができれば特に問題ないかと思います。ただ英語とは関係ないんですが、国際郵便を送る時は郵便局のホームページで国際郵便のマイページに登録して送り状を荷物に貼るためのパウチっていう薄い袋が必要だからそれだけだけ忘れないように注意が必要です。

Kさん:僕も最初それを知らなくてとても焦りました。登録してから5日ぐらいでパウチが到着しましたが、発送が少し遅れてしまいました。国際郵便のやり方を事前にしっかり調べておけばよかったなと思います。Otsukaiをする上では英語より日本語の方が重要かもしれません(笑)

出典:国際eパケットラベル 国際eパケット – 日本郵便

Otsukaiで稼ぐための必勝法!

お二人ともOtsukaiでたくさんの取引を成立されていますが自分なりの商品を売るコツなどありますか?

Tさん:私はリクエストのあった商品と同じキャラの他の商品もどんどん提案していますね。そのキャラクターや作品が好きだったらリクエストをしていた商品そのものでなくても欲しいと思う方も多いのかなって思います!関連商品作戦はとてもおすすめです!

Kさん:僕は低価格の小物類やぬいぐるみとかを提案することが多いです。送料やこちらの利益も加えると買う側からすると結構高くなってしまうので、安い物の方が手軽で買いやすく、取引が成立する可能性が高いなと感じています。

Tさん:確かに絶妙な値段をつけることが売るために一番重要なテクニックかもしれませんね!いかに買う側の気持ちに立てるかが大事になってきます。ユーザーさんの立場に立った時、相場がわからないから踏みとどまってしまうと仮定して、安い中古品とちょっと高い新品を二つ同時に提案することもよくやっています。

Kさん:それはいいアイディアですね!僕もやってみたいです。

Tさん:絶妙な値段設定をするためには自分の利益や送料についても考えなくてはいけません。利益をあまり高く設定しすぎると商品の値段が上がってしまい結局誰も買ってくれなくなります。また逆に送料についてもは安く見積もりすぎると損をしてしまうことがあります。

始めの頃は送料が予想より高くなってしまい、利益が出なかったこともありました。今はこのぐらいの大きさ、重さだとだいたい送料がいくらくらいか分かるようになったので、損はしていません。これから始める方は少し余裕を持って値段設定されることをおすすめします。

Kさん:僕の場合は始めたばかりの頃は、いい値段をつけられなくてどうしても提案が決まりませんでした…そこでよく提案を成立させている他のユーザーさんの値段設定をひたすら見て研究するようにしました。そこからは少しずつ提案成立が増えて行ったので初心者の方はまずいろんな方の提案を見るのも勉強になるのでいいことだと思います!

Tさん:他に私が実践していることで一番大事なことはすごくシンプルなんですが、提案が成立しなくてもめげないメンタルを強化することです。ちょっと恥ずかしいのですが最初にした提案は全滅でした。提案に費やした時間が全部無駄になったってショックでしたね。でもそこで何がいけなかったのかをしっかりと振り返って、やり方を改善してから提案が成立するようになったので、結果的に無駄にはならなかったんだと思っています。

Kさん:僕も慣れてきた今でも10回提案して1回成立ぐらいの時も全然あります。人が関わっているビジネスなのでうまくいかないことも当然あると思います。そんなときでも焦らずやっていくことが大切ですね!

他の海外向けのオンライン販売サービスとの違い

Otsukai以外にも近いサービスを利用されているとも伺いましたが、他にどのようなサービスを使われていますか?

Kさん:僕はAmazon.comとEbayもやっています。どちらもユーザー数自体はとても多いですねが、その分競合さんも多いです。あと値段勝負なところもあって、安く仕入れるルートがない人は厳しいんじゃないかとも感じています。

Otsukaiは値段だけじゃなくて追加提案ができたり、提案力も重要な要素なので独自のルートがなくても他のユーザーさんと勝負することができています。

Tさん:私はメルカリをやっています。自分が使わない、いらないものを売るのでどうしても買ってくれる人が現れるのを待つのが中心になります。Otsukaiはその逆で自分からどんどん提案していけるのが楽しいです。

自分で関連商品を提案したり、買ってくれそうな人を見つけるなど、能動的なアクションでどんどんチャンスを増やせるっていうのが他のオンライン販売サービスとの違いなんですね。

Otsukaiをやっていてよかったこと

最後に『Otsukai』をやっていてよかったことをお聞かせください!

Kさん:僕は海外の方に向けたビジネスがずっとやりたかったのでとても満足しています。そのやりとりをしている中で買ってくれた方が『Arigato(ありがとう)』とメッセージを送ってくれたことがとても印象に残っています。国も言語も違う海外の方が喜んでくれて…本当にやってよかったなって素直に感動しています。もっと英語やアニメの知識を増やして海外の方ともコミュニケーションが取れるようになれたらなと思います!

Tさん:以前海外の方とやりとりをしていた際に突然連絡が取れなくなってしまい困ったことがありました。サポートセンターの方に相談したら、そのユーザーさんに返信を促していただき無事に最後まで取引を完了することができました。この一件があってから逆に安心してサービスを使えるようになりました。もっと積極的に活用して海外に住んでいる日本のアニメファンに喜んでもらえればなと思います!

ありがとうございました。今後もどんどん海外にいる日本のアニメファンの方に楽しみを輸出していってください!

海外に日本のアニメグッズを輸出して稼ぐなら『Otsukai』