2019.3.6

副業から本業へ!副業スキルを活かして強気の転職活動に挑戦!

副業から本業へ!副業スキルを活かして強気の転職活動に挑戦!

副業を頑張っている皆さんの中には、『副業だけでもガンガン稼げるようになってきた』とか、『実は副業の方が本業より楽しい!』と思っている方も少なくはないのでしょうか。ひと昔前と比較して随分と転職しやすい世の中になってきました。副業で身につけたスキルをアピールポイントとして転職する。副業と本業のスキルを合わせて新しい本業にする。そんな仕事の見つけ方もこれからどんどんメジャーになっていくことが予想されます。今回は昨今の転職を取り巻く状況や副業を活かした転職の例などについて解説していきます。

売り手市場の今。どれくらい転職しやすくなった?

2008年のリーマンショックや2011年の東日本大震災の影響もあり、長らく就職しにくい時期が続きました。しかしながら2015年以降はその状況が一変し、逆に就職しやすくなったと言われています。厚生労働省の調査※によると2000年代後半は二人に一人は就職先が見つからない状況でした。一方で2010年代半ば以降からは求職者一人辺り一社以上内定を得ているという結果を示しています。

同調査結果を見てみると2018年後半の就職のしやすさは80年代後半〜90年代前半のバブル時代以来の好調ぶりです。また2019年はオリンピックの準備もあり2019年は雇用がさらに活発化するとも言われています。将来を見据えて強気の転職活動をするなら今このタイミングという判断も間違ってはいないでしょう。

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構 早わかりグラフで見る長期労働統計

じゃあ具体的にどういった企業が入りやすい?

社会全体の傾向として採用活動が活発になったということが分かりました。ではどんな企業・業界が入社しやすくなったのでしょうか?

大企業や人気の企業こそが狙い目


入りやすい企業はブラック企業だけじゃないかという疑念もあるかもしれません。でも実は大企業こそ、ここ数年人材不足や働き方改革の影響もあり雇用を強化している傾向にあります。

リクルートワークス研究所の調査によると2019年は従業員数5,000以上の大企業のほぼ4社中1社は採用に非常に意欲的な態度を示しています。大企業だから入社するのが難しそうというイメージがあるかもしれませんが昔よりは入りやすくなっているのです。

就職難だった新卒採用のころに就職を諦めた憧れの大企業に再チャレンジしてみる価値は十分あるでしょう。ましてや人が足りていないという状況を鑑みると本業と副業でマルチな才能をもつ求職者は企業にとって積極的に採用したい人材であるとも言えるでしょう。

出典:リクルートワークス研究所 中途採用実態調査

2019年に転職しやすい狙い目の業界は?


業界別の転職活動の状況についてです。同じくリクルートワークス研究所は、業界別に企業の中途採用計画についての調査を行いました。

今後訪日外国人が増えで需要が高まると予想される飲食・宿泊業、IT化が加速していき活躍の場が増えること間違いなしの情報通信業、Amazonを筆頭にしたEC産業の拡大に伴いニーズが高まった運送業のうち25-30%の企業が2019年中途採用を増やしたいという回答をしていました。今年転職活動をする場合は採用活動に積極的なこれらの業界にチャレンジすると良い条件の転職先を見つけられるかもしれません。

出典:リクルートワークス研究所 中途採用実態調査

転職で年収アップの体験談

副業から本業への転職モデル

副業から本業に転換していくに辺り、実際どんな企業に就職することが考えられるのでしょうか。人によってパターンは様々かと思いますが、参考までに今回は先ほど注目の高かった業界に関連づけた転職モデルをいくつかあげてみたいと思います。

エンジニアの副業 → エンジニア・ITコンサル


今後需要が高まると解説した情報通信業ですが、その裏で技術者が不足しているという状況があります。だからこそ未経験者の採用も増えている現状です。そういった求職者と比較して、副業でしっかりと案件をこなし、実績があればそれだけで一緒に働きたいと感じる企業も少なくはないでしょう。

実際に開発はしないコンサルや技術営業なども副業で培った開発経験が重宝されるため、転職先の候補としてあげられるでしょう。

ライター・ブロガーの副業 → プロモーション・広報・編集者


ソーシャルメディアを含めたメディアの多角化が進み企業の情報発信、プロモーションの方法は数えきれないほどに増えていきました。一方でTwitterやinstagramなど存在は知っていてやったほうがいいけどどうしていいのかわからないと頭を抱えている企業もたくさんあります。ライターやブロガーとして活動されている方はごく当たり前のようにそれらを使いこなしているかと思いますが企業によってはそのスキルが喉から手が出るほど欲しい能力なんです。

また普段情報発信で培ったWebウケする文章を書く力も実はとても貴重なもので、企業のプロモーションやメディアの編集など就職先は山のようにあるでしょう。

翻訳・通訳・外国語の先生の副業 → 企業の海外担当、飲食・宿泊業界


海外展開を強化したい、オリンピックに備えてインバウンド施策を強化したいけど英語ができる人が少ないからそれに踏み出せていないという企業もたくさんあります。これら企業からしたら英語や中国語などを自由に使いこなせる人材はとても必要とされています。

新卒入社で外国語を使いたくて入った企業で結局使えていないというミスマッチはよく聞く悩みです。転職活動では諦めた一度は諦めた海外の仕事ができる企業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

売り手市場の『今』転職するメリット


ここまで転職がメジャーになってきたことや副業を本職にする転職活動について解説していきました。昨今の転職事情を踏まえると企業は優秀な人材を欲している状況ですので、本業の経験だけでなく、積極的に副業での経験をアピールしていくことでより自分の理想の企業に就職できることにつながるでしょう。

一方で、副業を禁止している企業もいまだに多くおよそ70%※という状況もあるのでその点だけしっかりと分析や研究が必要です。転職がやりやすくなった今副業スキルを活かして思う存分転職活動に挑戦してみてはいかがでしょうか?

出典:リクルートキャリア兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)より

副業が本業に!喜びの転職体験談

副業で稼ぎたい人におすすめの副業

教えて!あなたの副業月収・FXでいくら稼げるの?
教えて!あなたの副業月収・FXでいくら稼げるの?

FXは約4,000円から始められる手軽な投資です。口座開設や手数料はすべて無料で、スマホアプリで24時間取り引きができます。自動売買をうまく活用すれば、お仕事中や寝ている間も収入アップに繋げられます。またFX会社のサポートも充実しておりいつでも専門知識のある方に直接相談できるので初心者でも安心です。

FXが人気の理由

24時間どこでもできる!

スマホで24時間どこでもできる!

PCやスマホからネットで24時間いつでもどこでも取引できるので、仕事で忙しいビジネスマンや主婦にも人気です。

約4,000円からスタートできる!

約4,000円からスタートできる!

FX会社によって異なりますが、最初は約4,000円からでもFXを始められます。高額な資金を必要とする株式投資よりもずっと気軽な投資といえます。

24時間どこでもできる!

24時間の電話サポート付き!

24時間対応の電話サービスがあるFX会社もあり、FX取引で困った時には専門知識のある人に直接聞けるので安心!無料FXセミナーで勉強もできます。

FXとは?FXでいくら稼げるの?