副業体験記

2019/03/01

ゼネラリストを目指し様々な副業をしてみた学生の体験談

就職活動が早々に終わり、大学生活は残り12ヶ月。
漠然と何かしなければいけないなぁと考えていた時に、ネットニュースやインフルエンサーのツイートで知ったこんな情報。

今後の社会は個の時代。一人の人間としてブランディングが必要。そうしないとお金を得ることが難しくなってくる。

「このまま社会人になるまでぼーっとしていたらマズイ!」と感じ、様々な経験を生かして活躍するゼネラリストを目指すべく、以下の副業をやってみました。


1. ライター
2. ブログのアフィリエイト
3. 不用品の販売

この3つの副業は比較的ハードルが低く、副業初心者や学生の方にもおすすめです。各副業の内容・成果について僕の体験談を含め、お伝えしたいと思います。

ゼネラリストを目指し様々な副業をしてみた学生の体験談

まずは始めやすい副業!ライターをやってみた

最初に始めた副業がライターです。
知人が勤めている会社でライターを募集しているというFacebookの投稿がキッカケでした。もともとライターには関心があったため、丁度良いタイミングだと思い応募。結果は合格で、キャリア系のサイトでライターをさせていただきました。

僕のようにSNSから仕事をいただけることは稀ですので、クラウドソーシングサイトに登録して仕事を探す方法が手っ取り早いかと思います。

僕が使っているクラウドソーシング

ランサーズ
クラウドワークス

初心者でも提案文やプロフィールを充実させることで、仕事がもらえる確率が高まります!最初は右も左も分からず混乱していましたが、必死にライターの仕事を行った結果、月に55,000円稼ぐことができました。

ライターの参考記事

電車とタブレットと月々10万
【ネット副業体験談】ライティングは副業の第一歩に最適!クラウドソーシング活用法

ライターで稼いだ僕の感想

稼ぎやすさ ◎
安定性   ◎
始めやすさ ◎
拘束時間  〇(慣れるまで最初は執筆に時間がかかる)

人気ブロガーで高収入を目指す!ブログでアフィリエイト

次にやってみた副業がブログです。
ブログを始めた理由はいくつかあるのですが、一番の理由は不労所得を得たいと思ったからでした。ブログでお金を稼ぐ方法の1つに、アフィリエイトがあります。

アフィリエイトとは、個人でブログを開設し、ブログや記事の中に企業や商品の広告を置き、それによってお金をいただくという仕組みです。
ブログ読者が広告から商品を購入したり、資料を取り寄せたりすることで報酬が支払われます。ですので、その広告を見て「商品を買いたい!」と思わせるライティング力やプロモーション力が必要です。
また、アフィリエイトで稼ぐためには以下の点に気を付けて記事を書かなくてはいけません。


・読者のニーズを把握
・ブログのPV数(観覧数)を上げる工夫
・ブログや記事に合った広告の選択

他にもブログで稼ぐ上で重要なポイントはいくつもあります。
そのため、文章を書くことが苦手な方や、質の高い記事を書く時間がない方にはおすすめしません。
また、僕のブログは今まで雑記ブログ(テーマを絞らず記事を書くブログ)だったのですが、最近になって特化型ブログ(テーマをある分野に絞って記事を書くブログ)にしたことで、1日のPV数が格段にアップしました。
特化型は専門的な記事を書くため、「○○の分野ならこのブログ!」というブランディングができ、読者が知りたい情報を発信すればファンも増え、PV数もアップします。

参考記事

ブログで稼ぐ! 0から始める副業ブログ入門

アフィリエイトで稼いだ僕の感想

稼ぎやすさ △
安定性   ×
始めやすさ ◎
拘束時間  〇(慣れるまで最初は執筆に時間がかかる)

アプリなどでいらない物を売ってお金を稼ぐ!不用品の販売

一番メジャーで、誰でもやりやすい副業が「販売」です。
不要になった物をメルカリ等のフリマアプリで出品することで収入を得ます。僕も4ヶ月間で65,000円を売り上げることができました。

出品して発送するだけの簡単な副業です。
売れるコツとしては、商品の良さはもちろん、商品の詳細を記入するためのライティングスキルと、「これを買いたい!」と思わるコピーを書くことです。

参考記事

学生・主婦・会社員が利用するメルカリで稼ぐコツとは?

不用品販売で稼いだ僕の感想

稼ぎやすさ 〇
安定性   〇
始めやすさ ◎
拘束時間  ◎

まとめと感想

これから就職する身として、やはり社会で働くことに不安は感じます。しかし、副業で稼げたことは就職前の自分にとって大きな自信につながりました。
好きなこと・得意なことでお金をいただける副業はやっていて楽しいですし、ストレスもありませんでした。
就職後にどれくらい副業を続けていけるかわかりませんが、好きなことで生きる術を身に着けられたことは自分にとって大きな財産になりました。
今の大学生も、僕と同じく働くことに苦手意識がある人も多いと思います。だからこそ、就職する前に好きなことで稼ぐ経験をしてみるのも良いと思いました。