2019.1.22

通勤時間を充てて副業ライターとして月20万稼いだ件(上)

通勤時間を充てて副業ライターとして月20万稼いだ件(上)

通勤時間を充てて副業ライターとして月20万稼いだ件(上)

 

このタイトルに、なんとなく見覚えのある読者諸氏もおられることかと思います。2018年12月に『電車とタブレットと月々10万円』というタイトルの体験記を、このメディアで書きました。前作のあらすじは以下の通りです。

 

50代サラリーマンの私は、アメリカ留学中の息子の学費や飛行機代、娘の東京の大学への進学希望などの背景を抱えて、経済的にひっ迫する中、副業開始を決意しました。

そしてクラウドソーシングに出会い、スマホ片手に往復3時間の電車通勤の中でできるWebライターを始めたのです。最初の稼ぎは意外に多く4万でした、これを投資して、執筆スピードを上げるためにタブレットを購入しました。

執筆ツールをスマホからタブレットに取り替えて以降、作業の勢いが増し、水を得た魚よろしく書きまくった結果、本業の収入以外にコンスタントに月収10万円が得られる生活を私は確立しました。

そしてここからが、その体験記の続編です。

 

 

月収の安定が呼び起こしたもの

 

スマホからタブレットに替えると、入力方法が違います。タブレットの画面上のタッチキーボードは、PCのキーボードに極めて近い感覚で使えるのです。両手が使えるタイピングは携帯やスマホと比べて断然早く、画面も大きくて、作業全般がやりやすくなりました。

 

通勤時間を利用するだけで月収10万円が得られるとは、夢にも思ったことはなかった私ですが、事実タブレットで執筆し始めてからは、現実に毎月15日には銀行口座の残高が10万円以上増えているのです。

 

本業の方は良くも悪くも相変わらずで、特に変化はないにもかかわらず、通勤電車内の執筆だけで月収がそれほど増えているのは、何かとても不思議な気持ちになったものでした。

 

その後も私はライターとして意欲的に様々なジャンルの記事を書いて経験を積み、高い単価の記事もさほど時間をかけずに書けるようになりました。そして限られた時間の中でさらに報酬を増やすことはできないか、という気持ちがふつふつと湧いてきたのです。

 

月に10万円なら年間120万円ほども収入が増えるので、決して悪くない話です。ただし過去の景気がよい時の最高年収で、それに近いレベルは経験しています。

 

しかし、これが仮に月々20万円、年間240万円もの収入アップができるなら、年収の未体験ゾーンに至るのです。そうなればどんなにかいいだろう…そう思いました。

 

それはやがて副業収入月間20万円に挑戦したい、という意志として固まっていきました。しかしそのためには、当時の執筆効率では不可能であり、もう一段階効率を上げることが最優先の課題です。

 

タブレットの限界

 

契約したメディアから仕事を受注する方法、つまり執筆案件の予約(確保)については、1人何件まで予約が可能か決まっている場合と、執筆中のが完了するまでは次の予約はできない場合とがあります。

いずれの場合も件数をこなす人は、執筆速度が速い人です。ちなみにメインで案件を受注していたメディアは、執筆を終えないと次の案件予約[コメント]はできないルールでした。

 

言うまでもなくクオリティを伴う前提で、執筆効率が高い人こそが件数をこなし、ひいては収入を増やしていけるのです。それを目指すには、タブレットによる執筆にさえ、限界を感じていたのです。

それは単に入力速度だけの問題ではありません。タブレットだと、執筆によく使うアプリケーションの「WordPress」で出来ることの限界があり、それが作業の中でキーポイントになったりもするのです。

 

それはエクセルや、クラウドソーシングに欠かせないスプレッドシートなどにおいても同様に限界があり、いろいろ悩まされました。

タブレットだけで全てを完結できないストレスは、日に日に募りました。せっかくいい感じで仕事量が増やせる流れなのに、このままの執筆効率ではすぐに無理が来る…書きたい気持ちと物理的な速度にギャップがあるのが辛いのです。

 

超薄型軽量ノートパソコン

そして私は、タブレット購入に続く2回目の投資を決意しました。PCを購入しようと決めたのです。持ち運びやすく性能のよい、超薄型のPCがいいなと考え、いつも利用する電器店のAppleコーナーに行きました。

Apple社のPCが数種類陳列されていている中で、私はとにかく薄くて軽くて、性能がよいものを見せて欲しいとスタッフにリクエストしました。それに応えてスタッフがニヤリと笑って指さしたのは、MacBookとよばれるB5版ほどの大きさのPCでした。

 

確かに薄く、スマホぐらいの厚みしかない・・・ディスプレイを閉じた状態だと、これがPC?タブレットではないの?けれど、ディスプレイを起こせば、確かにパソコンに間違いありません。

ただし、それまで本業のPC作業には基本的にマウスを使っていた私にとって、あの狭い、マウス代わりの「トラックパッド」を使っての作業がピンと来ませんでした。

 

その旨スタッフに伝えたところ、ワイヤレスマウスの使用も可能とのことでした。しかし、このトラックパッドを使わない手はないと彼は言うのです。

 

何十年ぶりかに踊り始めた心

このパッド部分はメーカーによって使い方や出来ることが異なるようです。MacBookのそれは、単にマウスの操作の代用ではなく、様々なことができるようです。スタッフが実演しながらの、トラックパッドの説明をしてくれました。

 

どうやら薄くて軽いだけでないぞという予感がしました。その予感は、後ほど我が身をもって納得することになります。

 

ちなみに、スタッフ自身もMacBookをプライベートで使っているそうです。そんな彼の説明は、店のスタッフというよりAppleのコアなファンの言葉でした。それだけに、マニュアル通りのセールストークとは比較にならない、信憑性が感じられましたのです。

このPCは私が本業で使っているノートPCよりも格段に薄くて軽いけれど、彼の説明で、トータル的な性能は間違いなく上だと感じました。使いこなせば執筆効率がタブレットに比べて格段にアップする可能性を感じるこのPCを、私は購入しました。

 

このPCを武器に、副業月収20万円という魅力的なステータスに、絶対に到達するぞ・・・何十年ぶりでしょう、このような命の底から湧き上がるような気持ちは。この年齢になって、こんなに心が躍る局面が待っていようとは、本当に思ってもみなかったことなのです。

 

通勤時間を充てて副業ライターとして月20万稼いだ件(下)に続く

 

masaK

50の手習いで副業ライターを始めたチューコーネンです!
人生の元手を活かして、書かず嫌いをせず何でも書くことにチャレンジ中です。

スマホでがっつり稼げる副業はコレ!

教えて!あなたの副業月収・FXでいくら稼げるの?
教えて!あなたの副業月収・FXでいくら稼げるの?

FXは約4,000円から始められる手軽な投資です。口座開設や手数料はすべて無料で、スマホアプリで24時間取り引きができます。自動売買をうまく活用すれば、お仕事中や寝ている間も収入アップに繋げられます。またFX会社のサポートも充実しておりいつでも専門知識のある方に直接相談できるので初心者でも安心です。

FXが人気の理由

24時間どこでもできる!

スマホで24時間どこでもできる!

PCやスマホからネットで24時間いつでもどこでも取引できるので、仕事で忙しいビジネスマンや主婦にも人気です。

約4,000円からスタートできる!

約4,000円からスタートできる!

FX会社によって異なりますが、最初は約4,000円からでもFXを始められます。高額な資金を必要とする株式投資よりもずっと気軽な投資といえます。

24時間どこでもできる!

24時間の電話サポート付き!

24時間対応の電話サービスがあるFX会社もあり、FX取引で困った時には専門知識のある人に直接聞けるので安心!無料FXセミナーで勉強もできます。

FXとは?FXでいくら稼げるの?