副業体験記

2019/01/15

他のライターと差をつけるために気をつけるべき4か条

こんにちは。Webライターのコーノです。

今回は、Webライターの私が原稿を作成する上で、気をつけていることについてご紹介していきたいと思います。

Webライターはただ文字を書けばいいわけじゃない

よく知人と仕事について話をしている時に、こう言われることがあります。

 

「ライターって、ただ文字を書くだけでお金がもらえるんでしょ?いいなー」と。
多分、Webライターをやったことのない人は皆このようなイメージを持っているかと思います。

 

結論から言うと、ただ文字を書くだけではお金はもらえません。
きちんとクライアントの要望する記事を書かないと、修正依頼が飛んできたり、最悪契約を打ち切られることだってあります。
ですので、簡単には稼げないと思ったほうがいいでしょう。

 

ではWebライターとして稼いでいくには、どのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか?
私の体験談も交えてご紹介していきたいと思います。

気をつけていることその1 誤字・脱字

まず私が気をつけているのは、誤字・脱字です。
誤字・脱字があると見栄えが悪くなりますし、クライアントの方に迷惑をかけてしまうので、納品前には必ず間違いがないかチェックしています。

 

目視でチェックするのも大事ですが、私の場合は様々な案件を掛け持ちしているので、少しでも効率よくするために、無料の文章校正ツールを使って誤字・脱字をチェックしています。

 

すぐに誤字・脱字を見つけてくれるため、ぜひ使ってみてくださいね。

日本語校正サポート

気をつけていることその2 タイトルの付け方

次に気をつけていることは、タイトルの付け方です。
私はいつも、ユーザーが「この記事を見てみたい」「内容的に面白そうだから読んでみたい」と思えるようなタイトルを付けるように意識しています。

 

例えば、カップルの悩みに関する記事を執筆するときは
「彼氏が冷めてしまうのは〇〇が原因だった!?その理由や対処法は?」といった感じでタイトルをつけています。

 

思わずクリックしたくなるようなタイトルを付けるのも、ライターの仕事の一つなので、いつも真面目に取り組んでいます。

 

タイトルを考えるときは、まず「どんなキーワードを盛り込んだら検索されやすいのか」を重視しています。


「彼氏 うざい」というキーワードを使ってタイトルをつけたいとき→ツールを使い、他にいいキーワードはないかを探す→「彼氏 うざい 対処法」が一番検索数が多い→これを盛り込んだタイトルをつけようみたいな感じです。

キーワードの選定は以下のツールを使っています。

goodkeyword

Googleキーワードプランナー
※後者の利用にはグーグルアドセンスの登録が必要です。

どちらもタイトルを付ける際に利用しています。
今からWebライターを目指す人は、ぜひ試してみてくださいね。

気をつけていることその3 コピペをしていないかどうか

次に気をつけているのは、コピペ(文章をまるまるコピーすること)をしていないかどうかです。

コピペはWebライターとして最もやってはいけないことです。

最悪損害賠償を請求されることだってあります。

また、クライアントからの信頼も無くしてしまい、ライターとして生活できなくなってしまうため、そうならないためにもコピペをしていないかどうかは厳密にチェックしています。

私の場合、無料のコピペチェックツールを使用して確認しています。
ツールを使えば、どのくらいコピペをしていないかが分かります。

コピペチェックもWebライターの仕事のうちなので、これからWebライターを目指す人はぜひ参考にしてみてください。

コピペチェックツールのURLはこちらです。

Copy Content Detector

 

気をつけていることその4 納期

最後に気をつけているのは、納期です。

納期を守るか守らないかで、クライアントからの評価もだいぶ違ってきます。

 

私の場合は、設定された納期より2日前には納品するよう心がけています。

指定された納期より前に納品すれば、クライアントの方も余裕を持ってチェックすることが出来ますし、そうした方がお互い気持ちよく取引できますからね。

 

納期を守ることで、クライアントからも「しっかりしている」と思われて継続的に案件をいただけるので、これだけは守るようにしています。

まとめ

今回はWebライターの私が気をつけていることをご紹介していきました。

Webライターはただ文字を書くだけでなく、コピペや誤字・脱字をチェックしたり、納期までに間に合わせたり、ユーザーが読んでみたいと思うようなタイトルをつけたりと色々気をつけることもたくさんあります。

上記のことを気をつけていけば、自然といい記事は書けますし、クライアントからの信頼も勝ち取ることが出来ます。
ぜひ試してみてくださいね。

 

関連記事

現役Webライターの私が教える、効率よく記事を書くコツとは?
なぜ私がWebライターという道を選んだのか?案件の取り方も解説!
人生を思い切り楽しめる!〜夢の副業【トラベルライター】とは〜

1Kの部屋でライターをしているフリー女子(19) 本業の他に色々な副業を試して仕事してます。