「MENTA」を使えば、あなたも誰かの役に立ちながら稼げる!

「MENTA」を使えば、あなたも誰かの役に立ちながら稼げる!

メンターとは、仕事を進めていく上で(または生活・人生において)指針を提示してくれたりアドバイスを授けてくれたりする存在のことです。

あなたには、メンターがいますか?また、専門知識を活かして誰かのメンターになりたいと思いませんか?

「MENTA」というサービスを使えば、簡単に自分の技術・知識や経験をつかって人の役に立ち、かつ対価を得ることもできます。実際に「MENTA」をつかった経験を基に、サービスの概要やメリットをご紹介します。

「MENTA」ってどんなサービス?

自分の専門技術や知識を”出品”し、教えたり提供したりすることで人の役に立てる、「メンター」になることができるサービスです。

「MENTA」公式サイト
https://menta.work/

メンターを探せる

たとえば、「WordPressの使い方を教えます!」「プログラミングを教えます!」「フルマラソンを完走する練習方法をアドバイスします!」などなど……ジャンル問わず、専門知識や技術を一対一で教えてもらうことができます。

現状はIT関連のスキル提供が目立ちますが、就職活動のアドバイスやフリーランスとして整形を立てていく方法など、キャリアについての相談を受け付けているメンターもたくさんいます。

勉強したいこと、達成したいこと、専門家に問い合わせるほどではないけど訊いてみたいことなど、この「MENTA」で探してみれば、相性の合うメンターに出会えるかもしれません。

自分もメンターになってスキルを売れる

メンターを探す以外にも、自分自身が持っている技術・知識を提供して誰かのメンターになることも可能です。
IT関連(webサイト制作・デザイン・プログラミングなど)の技術や知識のある方は、積極的に出品してみましょう。需要が高いので、月5万円前後の収入は見込めます(時間や値段設定にもよりますが)。

同じスキル提供サービスとしては、「ココナラ(ココナラ)」と類似点がありますが、あちらは完成物を提供することが最終ゴールになっているのに対し、「MENTA」は完成物をつくる過程の技術・知識を提供するという方向性があります。

知識・スキルがある方はぴったり!

筆者はこの「MENTA」をつかって、「早起きして朝活をする習慣を身につける方法」を出品しました。
主流となるIT関連やキャリア相談とは少しジャンルが異なりますが、昨今、早起きして朝の時間を有効活用する風潮が強いのでその波に乗りました。

相談人数としては5名ほどで、1名1000円の設定にしていたので収入としては5000円ですが、相談に乗るだけで対価を得られるという体験は、今のフリーランスとしての活動にも活きています。

詳しい相談の方法としては、テキストチャット(フェイスブックメッセンジャーやLINE)でのやり取りや、オンライン通話(SkypeやZoom)など、提供する技術・知識によって方法を自由に設定できます。

また、「◯分~:◯円」などの時間や値段条件も、メンター側が前もって提示できます。あらかじめそれを確認したうえで申し込むか否かを決めることが可能です。

専門知識・スキルのある方にはおすすめの副業ツールです。

「MENTA」で誰かのメンターになろう!

「MENTA」のサービスの特徴として魅力的なのは、「一対一で相談できる」という点です。教室に通うほどではない、家族や友人には知られずにこっそりスキルアップしたい、という場合に、この「MENTA」は打ってつけです。

メンター側も、これまで培ってきた技術や知識を有効活用することができるので、互いにメリットのあるサービスです。ぜひ使ってみてください。

この記事をシェア