副業マメ知識

2019/01/08

今さら聞けない! 仮想通貨の基礎知識と始め方【0からの投資入門vol.4】

仮想通貨に興味はあるけれど、なかなか始められなくて…

 

そんなあなたへ、今回は仮想通貨を紹介!

仮想通貨って、実は多くの投資の中でも非常に始めやすい投資なんです。

 

 

0.仮想通貨は始めやすい!

始めるまでに必要なことは、以下の三つだけ!

・取引所の口座開設
・仮想通貨購入(100円~)
・トレード開始!

 

本当に始めやすい投資ですので、今回の記事で仮想通貨の概要と始め方を学びましょう!

 

1.仮想通貨ってなに?

仮想通貨とは、ざっくりまとめると「現物を持たず電子データのみで取引される、暗号化された通貨」です。

国境によって通貨の単位が変わらないため、将来は法定通貨に代わる決済手段になると予想されています

 

…と言われても、初めての方にはよくわかりませんよね。

ですので今回は、仮想通貨の用途における特徴のみ、簡単にまとめました!

<仮想通貨の用途>
・決済手段
・送金手段
・投資目的の保有&トレード

 

〇決済手段

仮想通貨――特にビットコインは、特定のお店で現物のお金と同じように使うことができます。

 

・仮想通貨の決済を導入しているお店

DMM.com

ビックカメラ

コジマ

エクスペディア

H.I.S.

…etc.

 

まだまだ導入しているお店の数は少ないのが現状ですが、価格が上がった仮想通貨をそのままお店で使うこともできますので、導入しているお店を調べておくのもよいかもしれません。

 

 

〇送金手段

仮想通貨は、QRコードなどを用いたオンライン上での送金が可能です。

 

<仮想通貨による送金のメリット>

・ほぼリアルタイムで送金できる

・海外への送金手数料が安い

・国によって通貨単位が変わらない

仮想通貨は、国家間での両替の必要がありません。

このため、取引所にもよりますが、全体的に法定通貨よりも送金手数料が割安です。

これらの特徴から、国の垣根を超えた送金手段としても重宝されています。

ここが、送金ができない電子マネーとの大きな違いですね。

 

 

〇投資目的の保有&トレード

仮想通貨は、100円から簡単に始めることができる投資対象でもあります。

 

<投資対象としての仮想通貨の特徴>

・100円からでも始められる

・急な値動きが多い

・短期トレードなら情報収集が必要

・長期保有だと利益を出しやすい

 

仮想通貨の最低購入額は、取引所や仮想通貨の価格によって異なってきます。

ですが、例えばビットコインの場合、多くの取引所では最低取引量を「0.0001BTC」としています。

これは、「ビットコイン1枚の0.0001倍」という意味です。

 

2018年11月現在では「1BTC(ビットコイン1枚)=60万円台」で推移していますが、仮に1BTC=100万円だったとしても、最低購入額は0.0001BTC=100円です。

 

このように、仮想通貨は100円からでも始められるのです。

ですので、今まで投資に触れたことのなかった多くの人が、仮想通貨を投資目的として保有&トレードしています。

 

また、基本的に仮想通貨は非常に値動きが激しく、短期か長期かによって情報収集の重要性が異なります。

この点については、後ほど見ていきましょう。

 

 

2.仮想通貨で稼ぐには

さて。

概要を知ったら、いよいよ仮想通貨を始めてみましょう!

 

「でも始める前にしっかり勉強しておかないと…」と感じたあなた。

投資は目的によって短期・中期・長期など運用方法が異なり、運用方法によって情報収集の頻度や方法も異なってきます。

 

一気にすべてを学ぼうとすると、投資を始める前に疲れてしまいます。

 

仮想通貨を始めるにあたり、必要な知識は、

・仮想通貨を始めるまで
・仮想通貨を始めた後

以上の二つの時期に分けることができます。

 

ですので、ここからは各時期での手順と、必要な知識の概要を順に見ていきましょう。

 

  • 仮想通貨を始めるまで

     

仮想通貨を購入するまでの手順

 

取引所で口座を開設

入金

仮想通貨購入

 

必要な知識

 

<取引所について>

仮想通貨は、主に「取引所」と「販売所」で買うことができます。

 

取引所:他のユーザーから仮想通貨を購入する場所

販売所:仮想通貨の販売元から直接購入する場所

 

初心者には販売所での購入がオススメですが、販売所は取引所よりも手数料が高いので、慣れてきたら取引所で仮想通貨を購入してみましょう。

 

また各取引所には、手数料や取引されている仮想通貨の種類の違いなど、それぞれ特徴があります。

仮想通貨の種類ごとに手数料が異なったりもしますので、口座は複数の取引所で開設しておくのがオススメです。

 

<ビットコインとアルトコイン>

仮想通貨を大きく二つに分けると、ビットコインアルトコイン(alternative coin)があります。

元々、仮想通貨はビットコインから始まったため、ビットコインとそれ以外の仮想通貨を分けて呼んでいるのです。

 

主要なアルトコインは、以下のようなものです。

イーサリアム(ETH)

リップル(XRP)

ネム(XEM)

リスク(LSK)

モナコイン(MONA)

…etc.

 

アルトコインの総数は1000種類以上ともいわれていますが、そのうち、国内の取引所で取引できる通貨は多くはありません。

1000種類の中から選ばなきゃいけない!なんてことはありませんので、ご安心くださいね。

 

<セキュリティの重要性>

口座開設をしたら、二段階認証は必須です。

 

コインチェック事件などをご存知の方も多いかと思いますが、仮想通貨を始めるにあたって、セキュリティは最も重要なものです。

現在では多くの取引所で二段階認証を求められますので、必ず二段階認証を行い、可能な限り安全性を高めておきましょう

 

また、取引所で開設するのはあくまで仮想通貨を取引するための口座であり、購入した仮想通貨を保管するのは「ウォレット」という場所になります。

 

このウォレットにはオンラインウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットなどの種類がありますが、多額の仮想通貨を保有する場合、最も強固なセキュリティであるハードウォレットを購入するのもよいでしょう。

 

  • 仮想通貨を始めてから

     

仮想通貨を購入してからの手順

まずは少額で仮想通貨を購入

情報収集しながらトレードし、市場動向やトレードのコツを掴む

トレードに慣れてきたら元手を徐々に上げる

 

これは、どちらかというと短期トレードでの手順です。

 

仮想通貨は全体的に長期で値上がりしやすいため、長期保有をお考えの方はあまり頻繁に情報収集をしないでも、ずっと保有しておけば利益を出しやすい状況になっています。

 

必要な知識

<情報収集の重要性>

短期トレード、またはレバレッジをかけた仮想通貨投資を行う場合、毎日の情報収集が必須です。

※レバレッジ:元手の最大数十倍の取引ができる制度。元手が1万円しかなかったとしても、レバレッジをかけることで10万円以上の大きな取引ができる。

 

仮想通貨はたった一日で大きな値動きが発生しますので、情報収集を怠ったばかりに大損してしまったり、稼ぐタイミングを逃してしまうことがあります。

ツイッターを中心に、仮想通貨の情報は日々発信されていますので、ご自身に合った情報収集手段を確立しておきましょう。

 

<ご自身が購入した仮想通貨について>

上記の情報収集とも重なりますが、仮想通貨を購入した後は、主に購入した仮想通貨を中心に情報収集することになります。

 

それぞれの通貨に特化したツイッターアカウントや、まとめサイトなどが多くありますので、こちらも調べておきましょう。

 

 

3.おわりに

以上、仮想通貨の概要と始め方でした。

 

仮想通貨を始めるのは驚くほど簡単です。

また、仮想通貨投資を行いながら情報を集めていると、自然と仮想通貨の仕組みや奥深さについても学ぶことができるでしょう。

 

非常に少ない元手でも始めることができますので、まずは少額から始めてみてはいかがでしょうか?