【ネット副業体験談】polcaという新しいサービスは、信頼を可視化させつつ欲しいものが手に入る画期的なツール

【ネット副業体験談】polcaという新しいサービスは、信頼を可視化させつつ欲しいものが手に入る画期的なツール

polca」というサービスをご存知でしょうか?

“フレンドファンディング”という言葉が広まるきっかけともなったアプリで、クラウドファンディングよりも気軽に始められる便利さが受けて急速に広まっています。

【クラウドファンディングとは?】

クラウドファンディングという2つの言葉が掛け合わされてつくられた造語。インターネット上で呼びかけて必要な資金を募る動きのこと。”フレンドファンディング”とは、対象がフレンド(友人)にまで最小化されている状態を指している。

筆者はこの「polca」というサービスを使い、iPad購入費用のうち3万円ほどを集めた経験があります。

どのように利用してこの結果に至ったのかを紹介します。

ただ「これ欲しい!」では通用しない、効率よく資金を集めるポイント3選

たとえば、筆者のように「iPadが欲しい!」と思ったとします。

いくらフレンドファンディングといっても、ただ「これが欲しいからお金をください!」ではもちろん通用しません。

「polca」を使って効率的に資金を集めるポイントは、以下の3点です。

・なぜ欲しいのか?を明確にする

・きちんとお返しを設定する

・SNSのフォロワー数が影響する

なぜ欲しいのか?を明確にする

「iPadが欲しい!」と思ったら、なぜ欲しいのか?という部分をしっかりと明確にします。ただ自分の私利私欲のために欲しいという理由だけでは、相当信頼を寄せてくれている人くらいしか協力してくれないでしょう。

筆者の場合は、以下のような理由を共に添えてカンパを募りました。

・ライターとしての表現の幅をさらに増やしたい

・ブロガーとして、更新する記事にもっとバリエーションをもたせたい

ライター・ブロガーとして活動している前提を紹介した上で、「さらに表現の幅を増やしていきたい」という面を押し出しました。理由として弱く映るかもしれませんが、クリエイターとしての本心なので嘘偽りがありません。

同じように思ってくれているクリエイターの皆さんや、日頃から活動を応援してくれている人たちは信頼して協力してくれます。

きちんとお返しを設定する

「polca」というサービスはあくまでも”目的のために資金を調達する”なので、厳密にはお金を支援してもらったからといって必ずお返しをしなければならないわけではありません。

ですが、アプリ上ではきちんと「〇〇円もらったら〇〇をお返しします」とリターンを設定することができるようになっています。

iPadの購入資金を募った際に筆者が設定したリターンは以下の通りです。

購入したiPadのレポを書く

決して自分ができないことを設定しないことが重要なポイントです。ここの設定が弱いとスルーされてしまう可能性も高くなります。

ですが、「polca」というサービスの性質上、効率的に資金を集める大きなポイントは別の部分にあります。それが次の「SNSのフォロワー数が影響する」です。

SNSのフォロワー数が影響する

この「polca」というサービスを使って資金援助をお願いする対象は、普段よくやり取りをする仲の良い友人だけではありません。

顔も見たことがない、直接話したこともない、いわばネット上でしか交流をしたことがないような人たち。わかりやすいところで言うならば、”SNSのフォロワー”がそれにあたります。

TwitterやInstagramなど、普段使っているSNS上でメッセージのやり取りをしたり「いいね!」をし合っている人たちが支援してくれる可能性は大いにあります。日ごろから自分の投稿を見てくれている・活動を応援してくれている人たちだからです。

このフォロワー数が多ければ多いほど、支援してくれる可能性は多くなるでしょう。

もちろん、このために今からフォロワー数を増やせ! というのでは本末転倒です。いかにコツコツと”信頼を貯蓄してきたか”がこういう場面で露わになるということです。

筆者の場合は、合わせて50名くらいの方から支援を受けることができたものの、iPad購入費用の全額を賄うことはできませんでした。ただ、一部を充てることが叶ったおかげで無事に購入に至っています。

「polca」は信頼が可視化されるサービス

「polca」を有効活用するポイントは、「日ごろからいかに周囲の人たちに信頼してもらえているか?」「SNSのフォロワー数にそれが現われているかどうか?」だといえるでしょう。

副業として定期的な収入を得るには向いていないサービスです。しかし、ここぞという時に利用してみると、「自分が信頼に足る人物かどうか」も同時に可視化されます。いつか副業を本業にしたいと考えているならば、周囲からの信頼はないよりもあるに越したことはありません。

自身の信頼度を確かめるツールとして、試しに使ってみるのもいいのではないでしょうか。興味のある方は、ぜひ公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

この記事をシェア