副業マメ知識

2018/11/27

ネット副業5つやってみてどれが最も効率が良いのか検証してみた

副業といえば、ネットを使ったものが主流です。場所や時間を選ばず、パソコンとネット環境さえあれば稼ぐことができるネット副業。これまで5つのネット副業を試してみて、どれが一番効率よく稼げるのか検証しました。

ネットで稼げる副業5つ

筆者がこれまでに試したネット副業は全部で5つ。

  • ・クラウドソーシング
  • ・ココナラ
  • ・MENTA
  • ・expeet
  • ・polca

クラウドソーシング

ネット上で仕事を受注することができるクラウドソーシング。ライティングやプログラミング、デザインなど、その仕事の種類は豊富です。専門スキルや知識がなくても、ライティングの案件であれば比較的スムーズに始められます。

大手でいうと、ランサーズクラウドワークスが有名ですね。良い仕事をして、お互いに信頼関係を築くことができれば、続けて仕事をもらうことができます。中には低単価な案件も隠れているので要注意です。

筆者は、まだ知識が薄いうちに恐ろしく単価の低いライティングの仕事を受注してしまい、2週間以上もかけて書き上げたにも関わらず報酬が雀の涙ほど……という苦い経験をしたことがあります。

ライティングの仕事は大きく分けて文字単価・記事単価で受注するものがあり、この単価があまりにも低いものを受けてしまうと時給換算が恐ろしく低くなってしまいます。

この時に受けた仕事は、文字単価0.2円で3000文字相当の商品紹介記事を書くという仕事でした。数時間かけて頑張って書いても600円。案件選びは慎重にしなければ……と肝に銘じました。

ココナラ

スキルの売り買いができるというサイト『ココナラ』。自分の得意なもの・できることに値段をつけて出品することができます。また、売るだけではなく自分で必要なものを買うことも可能です。

筆者はライティングの仕事を出品しており、本の感想を書くという仕事をこれまで5件ほど受注しました。また、SNSのアイコン用にイラストを描いてもらったこともあります。デザイナーやイラストレーターの方であれば、自分のイラストを描いたり、サイトのデザインを売るという方法もあります。

上記のクラウドソーシングと比べると間口が広く、仕事の種類も豊富です。ネットでの副業に興味はあるけど、何から始めたらいいのかわからない……という方の入り口にぴったりです。

MENTAM

MENTA』というサービスは、メンターをみつけて知らないことを教えてもらったり、反対に誰かのメンターとなって知りたいことを教えてあげる、というもの。

プログラミングやサイト作成など、ITスキルの売買を中心に活発な動きを見せています。

筆者は専門的なITスキルがないので、得意な『早寝早起き』のスキルを売っています。朝、早く起きたくても起きられない人のために、早起きのコツを伝授。どうして早起きをしたいのか? 早起きをしてどんなことを習慣化したいのか? LINEやFacebookのメッセ機能をます使ってヒアリングします。そして、1ヶ月間みっちりと、朝起きたら報告してもらう。起きられなかったらどうして起きられなかったのか? 原因を探してフィードバックし、早起きが習慣化できるようにサポートします。

手軽に誰かの先生になることができたり、反対に先生を見つけて教えてもらうことができるサービスです。

expeet

比較的あたらしいサービスなのが、『expeet』というもの。
自分の時間を売って、その分、直接会って話をしたり、知りたいことを教えてあげたり。前述の『MENTA』と方向性は似ていますが、より対面でのコミュニケーションに重きを置いています。

筆者は「1時間3000円で、会ってなんでもお話します!」という出品をしていますが、2018年10月から11月の間で売れたのは1件だけです。

polca

polca』は、これをやりたい! あれが欲しい! と思ったときに、ネット上で呼びかけてカンパを集めることができるサービスです。フレンドファンディングという言葉を生んだこの『polca』は、ネット副業という観点からみると少し変化球です。

具体的には、「両親に旅行をプレゼントしたいけどお金が足りない!」「みんなで友人の誕生日パーティをサプライズでやりたい!」という時などに、呼びかけてカンパしてもらうという使い方が多いです。なので、定期的な収入は期待できないかもしれません。また、ネット上で賛同者を呼びかけるという特性から、SNSなどネット上で多くの人とつながりがある方が、お金を集めやすい傾向にあります。

筆者は新しく買ったPCのためのケースやキーボードカバーを買うために、Twitterのフォロワーさんに向けて『polca』を使ってカンパをお願いしました。無事に買うことができましたよ。

5つの中で、最も稼げるネット副業は?

結果、5つのネット副業の中で最も効率よく稼げるものはどれか?将来的に生活費を稼ぐレベルにまで見越しているのであれば、やはりクラウドソーシングでこつこつと稼ぐのが堅実です。

筆者は2018年5月頃から副業としてクラウドソーシングサイトを使いライティングの仕事を受注し始めました。本業と両立しながら月に3~5万円ほどの収入を継続的に得ることができるので、始めて副業をスタートさせるならメリットがたくさんあります。

専門知識や特別なスキルが必要ないためハードルが低く、依頼者さんとのやりとりで信頼を築きあげることができれば、継続的に仕事をもらうことができるライティング業。

その場しのぎではなく、実際に手を動かしながら学んで報酬も得ることができます。まずはクラウドソーシングで簡単な仕事から始めてみましょう!

2018年4月から副業でライティングを開始。11月からフリーライターとして活動中。
書評やイベントレポ等を中心にブログを運営中(『いちにーいち』https://kitayu.net