副業体験記

2018/11/16

本業収入ゼロ円生活〜夢を追いかけ上京し、無給の職に就く〜

 

はじめましてカメラマンアシスタントのmomozoです!

私は今都内にて憧れのカメラマンさんの元でアシスタントとして活動しています。実は今年の10月に、田んぼと畑しかないど田舎から上京してきたばかりです。

ワクワクの東京生活がこれからスタートするわけですが、アシスタントということで、あまりお金はありません。(これについては後ほど詳しく)東京は物価も高いし、できれば5万円以内で住めるところはないだろうか…と夜な夜な物件探しをしました。

 

そして幸運なことに、憧れの中目黒にて、月々4万円以下(しかも光熱費込み)という激安の物件を見つけることに成功しました!

 

中目黒の激安物件の正体は、まるでテラスハウス!?

ここまでは夢のような話ですが、実は総勢16人のシェアハウス。私の部屋は10畳ほどの広さに二段ベッドが3つで、なんと6人部屋です。

 

カーテンと板で仕切られプライベートが保たれているベッドと、小さなクローゼットが割り当てられます。ベッドの中にはテーブル、収納BOX、電気が設置されており、小さな部屋のようになっています。

トイレ・お風呂・キッチン・リビングは共用です。私が見つけたシェアハウス先は、キッチンが広々としたオープンキッチンになっており、料理へのモチベーションがかなり高まります。駅から徒歩10分圏内、閑静な住宅街にあるので住み心地も抜群です。

敷金・礼金なしで空きがあればすぐに入れるので、これから上京される方や、アシスタントをしていて財政的に厳しい人にはシェアハウスをかなりオススメします。

無給で東京を生き抜く!?

知識も技術もないアシスタント、もちろんお給料などもらえません。無給で東京砂漠を生き抜いていかねばなりません。

生き抜くために、家賃とその他生活費はアシスタント時間外で稼がなければ。しかしアシスタントの仕事は1日前に急遽仕事が入ったりするので、前もって段取りが組めず、固定のアルバイトに入ることは不可能。アシスタントをやっていくには、融通を相当効かせてくれるバイト先か何か時間にとらわれない副業を探すしかありません。

 

そんな夢のような仕事があるのか…と頭を悩ませ、あることに気づきました。

「あれ!?私いつも、色んな副業について記事書いてるじゃん!」

そう。これまで副業ネットライターとして様々な副業を取り扱ってきた副業マニアだったことを思い出しました。これまで自分が紹介してきた副業を試そう、と決意。師匠のススメもあり、まず生活費を稼ぐために選んだ副業は「Uber Eats」

 

噂の「Uber Eats」に手をつける!?

Uber Eatsとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、自転車やバイクなどを使ってレストランなどの料理をお客さんへ届ける、新しい形の出前サービスです。もともとアメリカのUber(ウーバー)社から伝わったサービスで、今では東京都心で主流になりつつあります。Uber Eats配達パートナーになるための資格や履歴書は必要なく、髪型・服装も自由!もちろん面接もありません。

そんなUber Eatsの最大の魅力は、働きたい時だけ働けるところ。全てスマホのアプリで管理されているので、働きたい時だけアプリをオンラインにするだけでいいのです。オフラインにしておけば仕事の依頼はきません。つまり、時間に全くとらわれず働けるのです。融通が利くので、アシスタント業をしている人たちからも絶大な人気を誇っている副業です。

 

始めるにあたって

Uber Eatsを始めるにあたっていくつか、準備が必要です。

⑴「Uber Eats」アプリのダウンロード

まずはアプリをダウンロードしてユーザー登録をします。振込先や細かい情報を設定します。

 

⑵車両の用意

続いて、配達に使う自転車およびバイク(125cc以下)を用意します。

私は26インチの小型クロスバイクを購入。(セールで25000円)

 

配達で坂道も上り下りするので、ママチャリだと少し厳しいという経験者の声を聞いたので6段階にギアチェンジが出来るクロスバイクを選びました。

 

⑶専用バックの受け取り

車両を用意したら最後に、最寄りのUber Eatsパートナーセンターへ専用バッグの受け取りに行きます。

よく街で見かける緑色のアレです。

 

受け取りに行く際、始めるにあたって簡単な説明会があります。アプリの使い方などを教えてもらえます。説明を受けたら、これで始める準備は完了です!私はこの緑色のリュックを背負うのが恥ずかしくて、いつも付属の黒いレインカバーでロゴを隠しています…(笑)

 

Uber Eatsを始める準備ができたところで、続きは次回の「momozo〜上・京・物・語〜」にて配達体験を詳しくお話しします。

冒頭でお話しした月々4万円以下の激安シェアハウス、日本人だけでなく外国人も住んでいる事があるので、シェアハウス先によっては無料で英会話レッスンも出来ちゃいます。私はルームメイトに韓国人の子が二人もいるので、まるでゲストハウスに住んでいるような感覚になります!東京に長期滞在したい旅人にもおすすめです♪

とはいえ、一人でゆっくりとする時間がなかなか取れないのも事実。一人部屋を持つ為にも、アシスタントの傍で副業を頑張ります!!

 

では、次回もお楽しみに!

 

 

本業収入ゼロ円で色々な副業を試みる、東京一年生のmomozo(♀20)です。

今、一早く叶えたい夢は16人暮らしの生活(シェアハウス)から脱出し一人部屋を持つ事!!