副業マメ知識

2018/11/06

ブログで稼ぐ! 0から始める副業ブログ入門【書き方編】

0.はじめに: ブログでしっかり稼ぐために

ブログでお金を稼ごうと考えてはいるけれど、本当にうまくいくか不安ですよね。

当然、ブログを開設しても見てもらえなければ収入にはつながりません。

今はSNSの普及によって、誰もが気軽に文章をネットに投稿できる時代。

だからこそ、注目を集めて「しっかり稼ぐ」ためには「なんとなく」ではなく、原則を踏まえた記事の書き方が必要です。

そこで!

ここでは記事の原則を「タイトル」と「内容」に分けて紹介します!

また、「ブログの仕組みや始め方がわからない!」という方はこちらの記事へ!

1.目を引くタイトルにしよう

まず、ブログの顔と言える「タイトル」はどのようにしたら良いのでしょう?

ブログとは、この広大なインターネットの海をただよう、ボトルメッセージのようなものです。すると、読者にあなたのブログを読んでもらうためには、このボトルをしっかり目立たせなければなりません。

そして、ネットは「検索」によって情報を見つける場です。

2017年にInternet Marketing Ninjas(インターネット・マーケティング・ニンジャズ)社が報告した調査では、グーグル検索結果の上位1位がクリックされる率が、なんと21%あったとのことです。2位は11%、3位は7.5%と、上位だけでほぼ40%を占めています。

つまり、ブログの訪問者数を増やすには、検索結果の上位に出てくるほうが断然有利ということです。
この検索結果には、主にタイトルが出てくることになりますから、ここをしっかり作り込まなければいけません。

では、その方法とはなんでしょう。ここでは2つ、紹介いたします。

 

○SEOに対応させる

まず、SEO(Search Engine Optimization)に対応することです。
検索エンジンというものは、「検索した人に、より有益な情報」がありそうなサイトを優先的に表示する仕組みで動いています。ですから、その仕組みに合わせて書き方を工夫し、検索結果の上位に表示してもらおう、ということです。
つまり、あなたがとある題材を扱うブログを書いた時、タイトルには題材の名前を書くだけではいけません。その題材を検索した人に役立つような、いくつかのキーワードを、タイトルに含める必要があるのです。

(例)

○「ブログで稼ぐ! 0から始める副業ブログ入門【書き方編】」

×「ブログでお金を得る! 良いブログ記事を書く方法」

 

悪い例は、いったいなにが良くないのでしょうか?
Googleの検索予測や、Yahooの検索結果ページ上部にある虫眼鏡マークの部分を参考にしてみると良いでしょう。

「ブログ」という言葉をメインに据えるとき、次に多く検索される言葉は「稼ぐ」「収入」「始め方」「書き方」などが来ます。

今回の場合、こういった単語がタイトルに入っていないと、検索結果の順位が下がってしまいます。

この原則は、特にアフィリエイトなどで非常に重要となってきますので、タイトルには細心の注意を払いましょう。

 

○タイトルは31文字以内!

次に、「タイトルは31文字以内で」というのも、地味ながら重要な原則です。

これは、検索結果には30文字前後しか大きく表示されないので、長いタイトルは途中で切れてしまうことに起因します。

せっかく書いたのに、結果的に表示されないのでは意味がありません。

ですから、しっかりタイトルが全部表示されるように、31文字以内で書きましょう。

ただし、SEOの関係から、短すぎるタイトルだと検索されやすいキーワードを漏らしてしまう可能性があります。

あくまでキーワードを優先し、文字数に関しては「31文字を超過したときに調整する」という程度に考えておくと良いかもしれません。

 

2.内容のポイントは「新しい切り口」!

次に、ブログに書く内容をどう決めたらいいのか、ということを説明いたします。

そのためにはまず、「人間とは」というちょっと大きな話をさせてください。

人間は「知識欲」というものを持っています。新しい知識を得て、それを使うことによって生存競争に勝ってきた――そんな歴史があります。
ですから、人間はこの知識欲を刺激されることが大好きです。

したがって、ブログに書く内容は、なるべく新鮮味があったほうが良いことになります。

 

・みんなが知っているものについて、珍しい使い方や楽しみ方を提案する

例:「~の裏技」「~の新テクニック」「~のリメイクメニュー(料理など)」「~の穴場スポット」など

裏技や新テクニックなどは提案のハードルが高いかもしれませんが、例えば「京都の穴場スポット」など、しっかり調査することで良い提案ができる分野もあります。

 

・メジャーなものと一緒に、目新しい商品を提案する

例:「電動シェーバーを徹底比較!オススメのベスト10を紹介」

 

アフィリエイトなどでは、まだメジャーでない商品を紹介することもあるでしょう。その場合、ただ商品名をタイトルに入れても、そもそも検索する人が少ないという現象が予想されます。よって、例えば電気シェーバーのマイナー商品を紹介するとき、メジャーなものと一緒に紹介すると、ブログを見てくれた方にとっての情報価値も高く、かつ商品紹介もできます。

これも、既存の選択肢に対する「新しい切り口」です。

こういった目新しさを含めることで、たくさんの人に読んでもらえるブログになります。

この新しい切り口というのは、あなた自身の感性で決めていただいて構いません。

けれど、忘れてはいけないことが1つだけあります。

 

――読み手が何を使ってあなたのブログに辿り着くかを思い出してみましょう。

そう、検索エンジンですね。つまり読み手は、何かを知りたくて、その題材について検索をしています。ですから、その知りたいことに関連していて、ちゃんと有益な情報でなければ、結局は読んでくれないことになります。

切り口を決める時は、あなたが、この広大なネットの海でブログを書いていることを忘れないようにしてくださいね。

 

3.おわりに

いかがでしたか?

ここでは、ブログの記事における原則を紹介しました。

誰もが手軽にネットへ文章を投稿し、多くの人に見てもらえる時代。

それが当たり前になってしまっている今だからこそ、多くの人と同じように「なんとなく」書いていては、ブログの記事はインターネットの波にのまれてしまいます。

そうならないためにも……物事ははじめが肝心です。今回紹介した原則を守って、「しっかり稼げる」ブログのためのスタートダッシュを切ってください。