副業マメ知識

2018/09/11

特技をお金に?話題のマッチングサービスについて!(前編)

 

あなたの特技には、一体いくらの価値がありますか?

個々人の能力を別の個々人に対して売るということが昨年ぐらいから盛り上がってきました。新しい副業スタイルであるこの仕組みについて2回に分けて紹介していきたいと思います!

自分の特技を売る?ってどういうこと?

この種のサービスが開始されたことによって個人が『自分のできること』に値段をつけて、それを欲しいと思う別の個々人に提供が可能になりました。この仕組みを副業と捉えるならば、提供する側は、お金や感謝が欲しくて、逆に提供される側はお金を払ってでも、その人のできる『何か』が欲しい!というお互いのニーズに答えるマッチング系の副業と分類できるでしょう。

Timebank [タイムバンク] (https://info.timebank.jp/)

ココナラ (https://coconala.com/)

ANYTIMES[エニータイムズ] (https://www.any-times.com/)

Time Ticket[タイムチケット] (https://www.timeticket.jp/)

など様々なサービスが展開されています。

本業ではない特技や、みんながやりたくないことの代行、本業で培ったプロフェッショナルな知識や技術など「何が」売り買いされているかは、それぞれのサービスによってまちまちです。これをうまく使いこなすことであなたにとって新しい副業の機会を創出できると言えるでしょう。

今回は多々あるサービスから今回は、タイムバンクについて解説していきます。

タイムバンクとは(あなたがプロフェッショナルならオススメの副業)

人の時間を十秒単位でリアルタイムに売買できる仕組みです。

このサービスの場合、自分の付加価値を売りに出すことが可能なのは、基本的に厳正な審査を経た経営者や、芸能人、アスリート、クリエイターなどの著名人のみとなります。そういった方々が、私のxx秒を買ったらこんなこと提供できますことに値段をつけて販売しています。

例えば経営者の方だったら1,800秒買ってくれたら30分コンサルしますとか、クリエイターの方なら3600秒買ってくれたら60分講演会開きますよと言った具合です。

ただ実際のところ、時間=サービス内容というわけではないこともあるみたいで、1800秒買ってくれたら、講演会一回開催とか、800秒で3分ぐらいのビデオレター作りますと言った具合に、実際にその方が入ってくる収入に見合った内容を売っている方もいらっしゃる印象を受けました。その辺はお互いに納得できる仕組みになっているのではないでしょうか。

下記はアプリのスクショですが、リワードとして、力士?の方はちゃんこ鍋を一緒に食べるだとか、ゴルファーの方はプライベートレッスンをしてくれるなど、その人の個性が如実に表されているのが面白いです。

 

 

将来の有名人に投資して稼ぐ(あなたが一般人ならオススメの副業)

タイムバンクは、上記のように一般の方にとっては一見副業にならなそうなのですが、この時間の売り買いの仕組みを利用してしっかりとお金を稼ぎ、副業とすることが可能です。この1秒あたりの値段は、その人の人気具合によって変わる仕組みとなっています。たくさんその人に魅力を感じて、その人の時間を保有していればその価値は上がっていきます。例えば、1秒あたり20円の人もいるのに対して、超人気の方は1秒あたり600円など結構振れ幅があります。これを利用して、これからさらに有名になりそうな方の時間を安く買っておき、その人が跳ねて、価値が高くなったらその人の時間をお金に変換しその差額で稼ぐと言った使い方ができます。

シンプルに伝えると株と同様に将来有望企業の株を買って、成長したら売るというものの個人版で、将来活躍しそうな人の時間を買いより有名になったら売るという形です。

下記スマホアプリ版の画面ですが、見てると「銘柄」って言葉や、昨日と比べた価値の変化など、株式や証券取引のアプリみたいです。一方で、右図のジャンル検索のところは、職業で絞り込めるようになっていてそこは人を基準するこのサービスらしい表現ですね。

まとめ

あなたが超プロフェッショナルなら、その知識や技術を売りに出せ、今後すごくなりそうな人を見つけれられる達人なら、時間の売買で大きな収入を得ることが可能となります。

次回は有名じゃないけど自分の価値を他の人に売ってみたい。そんなあなたのための類似サービスを紹介していきます。

 

副業初心者。25歳(♂)普段はwebエンジニアとして、一日パソコンと向き合っています。