副業マメ知識

空き部屋を使って副業を始めよう!話題の民泊(Airbnb)副業

こんにちは、副業ネットライターのサマーです。

東京オリンピックに向けて外国人訪問者も右肩上がりの今、最も稼げる副業と言われ人気を集めている民泊をご存知ですか?Airbnbなど、手軽に民泊を始めることができるサービスも増え、副業として始める人が続々と増えてきています。そこで今回はAirbnbの活用を前提に民泊についてご紹介します。

民泊(Airbnb)で稼ぐには?でも詳しく紹介されています、興味のある方は是非合わせてお読みください。

そもそも民泊(Airbnb)とは

民泊とは、日本に訪れた外国人旅行者を、自分が住んでいる家や部屋などに泊めて宿泊料をもらうビジネスです。民泊ビジネスの代表的なものとして、Airbnbという仲介サイトが登場したため民泊を副業として始める人が一気に増えました。空いている部屋や物件を貸したい家主(ホスト)と、ホテルよりも安く泊まりたい、現地の人と交流したい宿泊者(ゲスト)をマッチングさせるプラットフォームとして、Airbnbが世界的に大流行しています。

さらに日本の場合は、右肩上がりに増え続けている訪日外国人に対し、ホテルの部屋が足りていない状況で民泊ビジネスを始めた人が大儲け!という事例が発生。空き部屋や物件さえあれば、明日にでもゲストを募れるため誰でも手軽に始められるのがポイントです。家賃プラス10万円くらいの売り上げであれば簡単に突破できてしまうという声も

初期費用なしでも始められる?

民泊物件を用意することから始めるとそれなりの時間とコストがかかります。とくに物件を借りる場合、初期費用は50万円以上かかることも珍しくありません。日中は働いている、旅行が好きだからAirbnbで副業したいと思ったけど費用がかかるならという方も多いのではないでしょうか?

家主不在型の民泊の場合、物件探しから家具家電の準備まで、全て一から手配しなければいけないので時間もコストもそれなりにかかってしまいます。元々、使っていない物件を持っている方は初期費用を抑えながら始められるのでおすすめですが、物件を持っていない方、リスクを避けたい方にはホームステイ型がおすすめです。

ホームステイ型は、自分の家にゲストを招き、空いている部屋をゲストにシェア、またはワンルームをゲストとシェアして宿泊料を稼ぐ方法です。その場合、新しく家具家電を手配する手間が省けるので初心者の方におすすめの始め方です。

気になる収入は

民泊を行う物件のロケーション・設備・運営方法によって収入も様々ですが、都心の場合は1525万円程度が平均的になっています。

Airbnbのサイトで自分の住んでいる地域の1週あたりの収入をチェックできるので気になる人はぜひチェックしてみましょう。

日本の法律ではグレー?

Airbnbのビジネスモデルは、旅館業法に抵触するのではないかという指摘があります。旅館業法は「宿泊」サービスを提供するホテルや旅館などに対して、客室数や便器の数など細かい条件を定めた上で、基準にクリアした施設にだけ許可を与える法律です。旅館業法がAirbnbのような新しいサービスを踏まえて作られた法律ではないため、今のところ「空き部屋のレンタルはホテルなのか否か」という議論に明確な結論が出ていない状況です。2020年の東京オリンピックに向けて、Airbnbのような新しいサービスに対して柔軟に対応できるよう条例をを見直す市町村も増えてきているので、今後に期待です。

 

民泊で収入を得るためには、とにかくその物件のロケーションと設備が重要です。駅や観光スポット、空港へのアクセスがいいと選ばれやすいです。また、民泊を始めるにあたってWi-Fiが成功の鍵となります。Airbnbの利用者は外国人旅行者が大半を占めているので、インターネットが使える設備かどうかが収益に直結すると言っても過言ではありません。

 

東京オリンピックを前に、民泊ビジネスの副業をはじめてみませんか?早速Airbnbに登録して稼ぎましょう♪

 

二足のわらじ生活(複業)を送る副業初心者のサマー(♀20)です。