2017年ベスト副業
FXで100万円稼ぐには?

定期預金

投資/金融

定期預金で稼ぐには?

  • 人気度
  • 稼ぎ度
  • 簡単度 ★★★★
  • 安心度 ★★★

定期預金のメリット・デメリット

メリット

  • 普通預金と比べて金利が高い
  • キャンペーンが多い
  • 短期間の定期預金もある

デメリット

  • 基本的に中途解約できない
  • 元手に対する利益率が悪い

定期預金とは?

定期預金は銀行にお金を預けることで利率に応じた利子を受け取り利益にするものです。普通預金に比べて利率が高いことがメリットの1つではありますが、預金開始から一定期間の引き出しができなかったり、中途解約の場合にペナルティにより金利が下がることもあるため、貯めるための活用以外ではあまりメリットがありません。


定期預金の預入期間と利率

預入期間は、銀行により様々ですが、基本は1年です。2週間、2ヶ月、3ヶ月、半年等の短期間のものもあれば、最長10年という定期預金も存在します。基本的には預金者側が預ける期間を選ぶことができますが、銀行の設定した利率は預入金額と預入期間によって大きく差が出てしまいます。

注目の金利ですが、年0.5%が高いという位置になります。これは100万円を預金した場合、年の利益は5000円という計算になります。FXや株式投資と言ったリスクが少ない分、リターンも少ないことが特長です。また、預入金額によっては0.01%等の低い金利もあるので、結果として利益が出しにくい資産運用と言えます。


預金の落とし穴に注意

定期預金だけでなく、普通預金にも利子はつきますが結果として預け入れても利益が生まれないケースがあります。定期預金では中途解約のペナルティにより金利が下がったり、手続きにより時間がかかったりするケースもあるので、実質的な利益は預入金額がかなり高額でないと生まれないと言えます。また、普通預金に関しては引き出し手数料がかかってしまう場合、結果としてマイナスになってしまうケースもあるので注意が必要です。

マイナス金利政策(0金利政策)を受けて、預金によって利益を生み出すことは非常に難しくなったと言わざるを得ません。FXや株式投資、投資信託等、リスクに応じてリターンが臨める資産運用により、資産を増やす方法も変化しつつあります。