2016年ベスト副業
FXで100万円稼ぐには?

2016/11/10

会社に副業がバレないためにやるべき3つのコト

副業 ばれない

会社員がナイショで副業するには?

ネットが一般的になった昨今、副業をしながら働く会社員が日本でも増加傾向にあります。しかし、まだまだ副業が禁止の会社も多く、禁止していない会社であっても同僚や上司に副業をしていることを隠して、こっそりやりたい方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、会社に副業がバレない方法についてお伝えいたします!

バレずに副業をするポイント3つ!

会社に副業がバレないためにやるべき3つの注意点はこちらです。

  1. 自分からばらさない
  2. 住民税の徴収方法
  3. 確定申告の方法

この中で特に2つ目の「住民税の徴収方法」は、一番大事な部分になるのでしっかり確認しましょう。

1. 自分からばらさない

これは当たり前の話ですが、比較的バレてしまいやすい点なので気をつけましょう!

具体的にどうしたらバレてしまうのかというと、「友人や同僚にうっかり話してしまう」「ネットで公開していたプロフィールにたどり着かれてしまう」などが多いそうです。

副業の調子が良くなってくると、どうしても他の人に話してしまいたくなるものです。そんな時に友人や同僚にうっかり話してしまいバレたのでは後悔してもしきれません。意識して話してしまわないようにしましょう。

また、ネットで副業などをしていると、本名などの個人情報を公開している場合もあるかと思います。すると、Google検索などで発見されてしまいます。特定される個人情報は出来るだけ公開しないのはもちろん、検索される原因となるような行動は慎みましょう。もしくは裏技ではありますが、家族などに名義を借り、実際の副業は自分ですることで足がつなかいようにする方法もあります。

2. 住民税の徴収方法

会社から給与を受け取っている会社員の場合、年末調整の際に住民税額が増えることにより、会社にバレることがあります。対策としては、副業の給与の受け取り方を「普通徴収」とすることです(普通徴収については確定申告の方法の項で詳しく説明します)。これによって会社が天引きする住民税額に変動はないので、副業がバレることはほぼなくなります。

ただし、「特別徴収税額通知書」が会社に送られることにより、会社に副業がバレることもあります。地方や自治体によっては本業以外の収入がある人に対し、「その他の所得」の欄にチェックを入っていることがあります。もしもバレた場合は、あわてずごまかすしましょう。

「ギャンブルで勝った」「ネットオークションで意外と高く売れてしまった」「投資をして稼いだ」など無難な報告をして、副業をしていることは言わないのが賢明です。

3. 確定申告の方法

確定申告時に、副業の所得を「雑所得」として申告をすると、会社に副業がバレにくくなります。雑所得の場合、何による収入を得ているのかがわからなくなるためです。

また、前項で「普通徴収」について紹介しましたが、確定申告の際に副業の分の住民税の徴収方法を「自分で納付」を選んで支払うことで、会社で支払う住民税額に変動がないので、 会社側にバレる可能性が低くなります。

以上、「会社に副業がバレないためにやるべき3つのこと」をご紹介いたしましたが、これら全てに注意したとしても、バレないと保証することはできません。とはいえ、何の対策もしないとすぐにバレてしまいますので、副業を考えている人、副業している人は、今一度確認してみましょう。